人気ブログランキング |

<   2016年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

CRESCENT

芝公園"CRESCENT”は、ヴィクトリア調の洋館で60年近く続く、格調高いフレンチ。2階のテーブル席に案内されるまでのひとときを、東京タワーを望む落ち着いたラウンジにて。
e0243390_13435398.jpg

英国のマナーハウスでディナーをしているような気分にさせられます。お料理はヌーヴェル・クイジーヌ、なのかな?一つ一つ、どれも繊細で美しく、素晴らしく手がかかっています。そして、文句なく美味しい。
e0243390_15484031.jpg

サーヴィスもパーフェクト!!コースに合わせてお願いしたグラスワインは全てハイクオリティで、ソムリエがちゃんとストーリーを語ってくれるのがうれしい。
e0243390_15502731.jpg

惜しむらくは、ワイングラス。これだけのワインだから、もう少し・・・ね?
by tanoshimu-wine | 2016-04-21 13:47 | @レストラン

ベトナムの食卓

ベトナム料理を習ってきました。先生は難民として14歳でアメリカに渡り、現在は軍関係のお仕事をされているご主人と日本に二度目の駐在中。温かで優しく、とてもチャーミングな女性でした。そして彼女の教えてくれるお料理も、心のこもった温かさを感じるものばかりでした。

e0243390_1324399.jpg


アボカドシェイク(これは簡単で女性に喜ばれそう)、生春巻き(正しい巻き方習得!)、チキンサラダ(ドレッシングが美味しい~~♪)、ベトナム風シチュー(スパイスたっぷり)、チェー(麦、海藻!、ナツメ、クコ、竜眼など珍しい食材を使ったデザート)の5品を学びました。たくさん材料や調味料を使い手をかけて作る、身体にも目にもやさしいお料理の数々、作るのも食べるのも楽しみました。
by tanoshimu-wine | 2016-04-21 13:08 | お料理あれこれ

■■2016年4月度「たのしむ・ワイン」レッスン■■

今月のテーマは「産地から見るシャルドネ」です。世界の4大産地、ブルゴーニュ、カリフォルニア、オーストラリア、チリのシャルドネを飲み比べました。

①Tate Dog Wines Chardonnay Wisner Vineyard 2012

産地 : カリフォルニア(リヴァモアヴァレー)
品種 : シャルドネ100%
アルコール度 : 14.6%
輸入元参考価格 : 4,644円

e0243390_1615447.jpg


②Leeuwin Estate Prelude Vineyards Chardonnay 2014

産地 : オーストラリア(マーガレット・リヴァー)
品種 : シャルドネ100%
アルコール度 : 14.0%
輸入元参考価格 : 5,649円

e0243390_1621548.jpg


③Terrapura Single Vineyard Chardonnay 2013

産地 : チリ(カサブランカヴァレー)
品種 : シャルドネ100%
アルコール度 :  14.3%
輸入元参考価格 : 2,052円

e0243390_1623444.jpg


④Cordier P&F Saint Veran En Faux 2013

産地 : フランス(ブルゴーニュ)
品種 : シャルドネ100%
アルコール度 : 13.5%
輸入元参考価格 : 4,536円

e0243390_1624712.jpg


⑤d'Arenberg Footbolt Shiraz 2012

産地 : オーストラリア(マクラーレンヴェイル)
品種 : シラーズ100%
アルコール度 : 14.2%
輸入元参考価格 : 2,526円

e0243390_1625894.jpg


合わせたお料理は・・・

①ベーコン、コーン、アボカドのオープンオムレツ

e0243390_1631371.jpg


②チキンのレモンクリーム煮

e0243390_1633021.jpg

e0243390_1633891.jpg

by tanoshimu-wine | 2016-04-17 16:04 | 「たのしむ・ワイン」クラス

お花見とオールドヴィンテージ

散りゆく桜に、ちょっぴり感傷的になりながら味わうオールドヴィンテージのワイン。

Kistler Durell Vineyard Sonoma Valley 2001

e0243390_1743229.jpg


とても不思議な香り。ほのかな酸化熟成のニュアンスがあります。以前に飲んだ1994のKistlerには豊かな酸が残されていて、「Kistlerって酸で熟成に耐えるんだね」という話をしたのを覚えているのですが、こちらは果皮からのタンニンや強いミネラルが特徴的で、ずっしりとした質感。果実味は失われていて、その意味ではもう飲み頃を過ぎているのかもしれません。ただ、そのしっかりとした骨格、衰えてなお輝く気品は、さすがKitsler。とても魅力的なワインでした。好き。

Volnay Champans Domaine Monthille 1985

e0243390_15333886.jpg


逆にこちらは、30年以上を経てこの力強い果実味は何??という驚きをもたらしてくれたVolnay。複雑味もたっぷりあり、フィネスも感じますが、畑の土や太い幹が見えるようなどこか素朴なワインでした。

最近アスパラのムースにはまっていて、いろんなアレンジしてます。これはトマトのジュレがけ。

e0243390_15482856.jpg


あまりひねらず、ベーコン&オニオンパイ。

e0243390_15401123.jpg


サラダ仕立てにして美味しかったサーモンのブッタネスカソースを、今回はパスタにアレンジ。

e0243390_1542951.jpg


豚ロースのグリルをジェノヴェーゼソースで。

e0243390_15432283.jpg


台湾で買ってきた度小月の肉燥とパクチーで、シメのご飯。全くダイエットが眼中にないメニューでございます。

e0243390_15461054.jpg


さらに今日はヘーゼルナッツのシフォンケーキだよ~♪

e0243390_1546436.jpg

by tanoshimu-wine | 2016-04-17 15:51 | @自宅

ついにスタミナ苑

東十条駅16時40分集合にて、ついに念願の鹿浜"スタミナ苑"に行ってまいりました。開店5分前に到着すると、そこにはすでに長蛇の列。ギリギリでした(汗)。
e0243390_19171778.jpg

お肉がきれい。美味い旨い!!
e0243390_19182630.jpg

焼肉バトルシリーズ第二回、スタミナ苑に軍配を挙げたいと思います。The 焼肉!感がたまりません。食べログ的点数方式:4.5点、ということで意見がまとまりました。また行きたい。でも遠い。。。
by tanoshimu-wine | 2016-04-15 19:18 | @酒場

夜桜ワイン会2016

恒例のイベント「夜桜ワイン会」。今年はまさに満開の桜を楽しむことができました。名古屋から駆けつけてくれたSちゃん、ご懐妊でお水とジュースを飲みながらのYさん、「癒しを求めて?」久しぶりに参加してくれたKさん、そしていつものメンバーで、桜に負けない華やかさの楽しいひとときになりました。
e0243390_23561278.jpg

前菜は盛り合わせてみました。
e0243390_23572561.jpg

今年のテーマは「イタリア」。イタリア料理とイタリアワインを堪能していただきました!また来年もみんなで桜を楽しめますように。。。
by tanoshimu-wine | 2016-04-06 23:58 | 日々のあれこれ

日本家屋のイタリアン

これはこれは素晴らしいレストランです。古い日本家屋をクラシックな洋風にしつらえた一軒家イタリアン、江戸川橋"ラ・バリックTOKYO”。欄間をナチュラルにひょいと頭を下げてくぐってサービスに来た大男のソムリエ、「私の生まれた家ですから、身についてるんです」とのこと。
e0243390_2325778.jpg

e0243390_2326441.jpg

小さなポーションで供されるお料理の全てが、とても丁寧に慎重に作られているのがわかります。どれもこれも、プロの技の光る美味しさです。
e0243390_23275789.jpg

このお肉(特別な豚肉、説明していただいたのに覚えていない。。)、たいがいコースの最後には満腹感と食べ飽き感で完食できない私が、もう一切れお代わりしたいと思うほどでした。素材の素晴らしさはもちろん、火の入れ方も上品なソースも完璧!!
e0243390_23311755.jpg

お料理に合わせてグラスでお願いしたワインも、すべて秀逸なセレクションでした。心に強く残ったのは、この2つでしょうか。

Pasetti TESTAROSSA Bianco 2012

e0243390_23332989.jpg


アブルッツォのペコリーノ。熟した桃や洋ナシのようなふくよかで甘やかな果実味です。香ばしく、まろやかなテクスチャー。ペコリーノってこんな品種なの??

Ruffino Chianti Classico Riserva Ducale Oro 1997

e0243390_2340759.jpg


こういうのをメインに持ってくるって、ワイン好きを泣かせる。「パーカーが36年熟成したこのワインを飲んで、もしブラインドテイスティングしていたら、シャトーオーブリオンと間違っていたに違いない」と語ったという、長期熟成ポテンシャルワイン。29年を経て、気持の良い熟成のピークを迎えているように思われました。

大満足!!もう一度、すぐにでも行きたい素敵なお店でした♪
by tanoshimu-wine | 2016-04-06 23:44 | @レストラン

台湾お土産ディナー

旅のお土産は、現地でinspireされたお料理の再現と決めています。私なりのアレンジもしてしまいますが、私もまた旅を懐かしく振り返る時間になります。

市場で買ってきた銀糸巻きをふかして、金華ハムの蜂蜜漬けと揚げ湯葉をはさんでいただきます。これは10年以上前に初めて台湾で食べて以来、大好きなメニュー。今回ようやく金華ハムの蜂蜜漬けを見つけたの。
e0243390_2355715.jpg

定番、切り干し大根入りの卵焼き。
e0243390_2362320.jpg

今回、海鮮料理の高級店でいただいた魚や海老の紹興酒蒸しが忘れられず・・・
e0243390_2371438.jpg

ワンタンが美味しくて3度も食べてしまったので、現地の味に近づけるよう頑張ってみた。
e0243390_238192.jpg

なかなかな出来だと思う。薄くてなんだか物足りない台湾ビールがあったら、それはそれでもっと良かったんだけれども。
by tanoshimu-wine | 2016-04-06 22:58 | @自宅

スカイツリーと桜

今年の桜は格別美しい気がします。屋形船から見るスカイツリーと桜の取り合わせは、ちょっと不思議な風景。毎年恒例の行きつけ酒場のイベントです。

e0243390_2251223.jpg

by tanoshimu-wine | 2016-04-06 22:52 | 日々のあれこれ

つくづく好きなシャンパーニュ

ワインクラスの集まりに先生が持ってきて下さったシャンパーニュ。ヴィンテージが違うせいもあるかもしれませんが、つい最近いただいたにも拘わらず、ブラインドでまたまたはずしちゃった。ここまで骨格と肉付きがしっかりしていて味わいが深く複雑なシャンパーニュを、どうしてもブラン・ド・ブランと思えないのです。このイースト感、果実のふくよかさ、自分を試されるような力強さ、頭の芯までずーんきます。となかなか手の届かないものですが、私の最高に好きなシャンパーニュの一つです。

Salon 2002

e0243390_22394580.jpg


先生、ありがとうございました!
by tanoshimu-wine | 2016-04-06 22:43 | ワインワインワイン