<   2015年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今年のお誕生日プレゼントは・・

東源正久の包丁です。昨年お祝いに買ってもらった牛刀で、お料理が1.5倍くらい楽しくなりました。今年も築地のお店に出かけ、1年経った牛刀をピンピンに研いでもらい、小さめの包丁を買ってもらいました。これ、切れ味爽快!使い勝手抜群!またお料理がさらに1.5倍くらい楽しくなりそう。1.5×1.5だから、2.25倍だね。
e0243390_23281866.jpg

友人達には「普通はジュエリーとかじゃないの?」と呆れられましたが、私にとってはジュエリー以上の価値があるんですよ。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2015-05-27 23:29 | 日々のあれこれ

肉食は続く・・・

ウルフギャングステーキハウスで、肉食女子二人のニューヨーク旅行反省会。ディナーはちょっと二の足を踏むお値段のステーキハウスですが、15:00~18:00のハッピーアワーは驚くほどリーズナブルです。6種類もあるドラフトビールが500円ってのはすごくいけてるし、700円のグラスワインも白赤各4種類づつ、それもナミナミと注いでくれます。Humberger Sliderは、肉肉しいハンバーグもさることながら、フレンチフライが絶品!!
e0243390_1482437.jpg

持ち込んだPCで二人の写真を見ながら、「Keen'sのステーキ美味しかったねー」と言いながら、どんと330gのサーロインステーキもいただきました。うっまーーい。
e0243390_1495884.jpg

もう一杯くらい赤飲んじゃおうか、ってことで、さらにおつまみにBeef Sliderなるものもいただきました。ローストビーフって大好きなのよね。
e0243390_14113483.jpg

肉好き表明に恥じない食べっぷり!また行きたいハッピーアワーです。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2015-05-24 14:12 | @レストラン

熟成肉のお誕生会

神楽坂の"Veri"に、お誕生会ディナーに連れて行っていただきました。移転前の"エノテカ・ラウラ"時代から、一度行ってみたいと思っていたイタリアンです。昔から冷めない肉ブーム(それもニューヨークに行って拍車のかかった私)の私たちがいただいたのは、「中勢以の熟成肉」をメインにしたコース。憧れの中勢以!ですよー。
e0243390_1349330.jpg

全く脂っぽくないもも肉ですが、旨味がぎっちり。噛むほどに味わいがじんわりと出てくる美味しさです。このメインはがっつりな感じですが、お料理はどれも繊細でエレガント、洗練されたイタリアンでした。鶏のササミのようなカエルも、プレゼンテーションが可愛くて美味しくいただきました。
e0243390_13515496.jpg

フランチャコルタ、白、ロゼはグラスで。全部良かったけれど、ボトルの赤は秀逸でしたね。

Fattoria de Milziade Antano_Sagrantino di Montefalco 2003

e0243390_1357250.jpg

ウンブリアで10年以上経って花開くワイン、なんて前は考えてもみませんでしたが、イタリア20州会を始めて2年、それぞれの土地で素晴らしくクオリティの高いワインが造られていることを知りました。こういう場でウンブリアを選べる自分が素敵、なんてね。

ニューヨーク報告をしつつ、ドイツ旅行記を伺いつつ、楽しく美味しいお誕生会でした。本当にありがとうございました!
[PR]
by tanoshimu-wine | 2015-05-24 13:42 | @レストラン

お鮨のお誕生日会

お誕生日のお祝いにと、本郷にある「大人の」お鮨屋さんに連れて行っていただきました。白木の見事なカウンター、粋な大将、上品なご常連ばかりとお見受けする店内、そしてショーケースに並ぶいかにも新鮮な魚介類たち・・・友人の、銀座でお魚屋さんを営む友人の一押しのお鮨屋さんだそうです。そこで「お任せで」なんて、この年になってもなかなか自分ではできないものなので、嬉しくなってしまいます。
e0243390_12543698.jpg

お刺身はもちろんなのですが、焼き魚があまりにも美味しくてびっくりしました。お勧めのネタを握っていただき、最後はいつものネギトロ巻きで締めました(子供っぽい?)。大満足!そして友人がお鮨に合うワインを持ち込んでいてくれたのにも、感激!どのお料理にも気持ち良く寄り添ってくれる、日本のワインでした。
e0243390_12575917.jpg

ご馳走さまでした。どうもありがとうございました!!
[PR]
by tanoshimu-wine | 2015-05-24 12:59 | @レストラン

薔薇とハマグリの会

千葉でお魚の仲買をしている弟さんから直送のハマグリを、ワインと共にお庭で楽しみましょう!という素敵なお誘い。さまざまなお花や木、野菜や果物が植えられ、手入れの行き届いたお庭です。初夏の陽射しに緑がきらきら輝いて美しく、ちょうど薔薇が見ごろ!
e0243390_922982.jpg

こんな立派なハマグリは初めてかもしれません。お庭にスモーカーを出して焼いて下さいました。何の味付けもいりません。海の味です。
e0243390_9225584.jpg

みんなで持ち寄ったお料理。にぎやかなテーブルになりました。私はパテ・ド・カンパーニュと毎度お馴染みシフォンケーキ(蜂蜜ミルク味)をお持ちしました。
e0243390_9234775.jpg

前日に友人が新潟のワイナリーで採取してきたピノノワールとシャルドネの葉と新芽。かわいい♪
e0243390_9261044.jpg

お台所をお借りして、天ぷらにしました。柔らかくてクセがなく、とっても美味しい。
e0243390_9264066.jpg

14時スタートでしたが、帰る頃には外は真っ暗。そして空きボトルを見て、「またまたこんなに飲んじゃったのね!」と。楽しい午後でした。ありがとうございました!
e0243390_928325.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2015-05-24 09:40 | 日々のあれこれ

■■2015年5月度「たのしむ・ワイン」レッスン■■

今月のテーマはドイツ。私自身も飲む機会の少ないドイツワイン、みなさんにも馴染みの薄いものだったようです。しかしながら昔からのワイン大国、学ぶ事柄も多く、また飲んでみたいワインもたくさんあるということで、2回に分けて取り上げることにしました。今回はその①です。

①Hessische Bergstrasse Grauer Burgunder Kabinett trocken 2013

産地 : ドイツ(ヘッシェ・ベルクシュトラーセ)
品種 : グラウ・ブルグンダー(ピノグリ)
アルコール度 : 12.5%
輸入元参考価格 : 3,240円

e0243390_13223386.jpg


②Hans Lang Charta Riesling 2006

産地 : ドイツ(ラインガウ)
品種 : リースリング
アルコール度 : 12.0%
輸入元参考価格 : 3,888円

e0243390_13225071.jpg


③Anselmann Dornfelder Classic 2013

産地 : ドイツ(ファルツ)
品種 : ドルンフェルダー
アルコール度 :  13.5%
輸入元参考価格 : 2,700円

e0243390_1323636.jpg


④Hans Lang Spatburgunder 2011

産地 : ドイツ(ラインガウ)
品種 : シュペートブルグンダー(ピノノワール)
アルコール度 : 12.5%
輸入元参考価格 : 3,564円

e0243390_13232093.jpg


合わせたお料理は・・・

①豚肉のリヨン・サラダ仕立

e0243390_1325314.jpg


②ソーセージ、ベーコン、ザワークラウトの煮込み

e0243390_13251299.jpg


ザワークラウトはホームメードです。1週間、我が家の自然酵母で発酵!

e0243390_13255735.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2015-05-20 13:26 | 「たのしむ・ワイン」クラス

サプライズの・・

バースデーケーキをいただきました!ちょうどワインの金曜日クラスに当たったお誕生日。それを知っていた生徒さんが、内緒でアレンジしてくれていたのです。ケーキを持ち込んで、レッスンが終わるまで隠しておく苦労話に大笑いしながら、心温まる素敵なバースデーのひとときになりました。ありがとうございました!
e0243390_1311618.jpg

このケーキ、不思議なデザインのように思えたのですが、なんとカレンダーなんですね。 フランス語の5月(Mai)の文字が上部に入っていて、その下がカレンダー。お誕生日には赤いチェリーがのっけてあるのです。おっしゃれ~~♪
[PR]
by tanoshimu-wine | 2015-05-20 13:03 | 日々のあれこれ

お誕生日を迎えたのは・・・

日付が私の〇回目のお誕生日に変わった瞬間・・・

e0243390_9371452.jpg


アルゼンチンのロゼワインとイギリスのシードルで乾杯!武蔵小山の"豚星"にて。まー、なんてロマンチック!?だけど、出勤日は年中もれなく午前様の主人が、この瞬間を一緒に祝うために武蔵小山に22:30に帰ってきてくれたのですから、うれしいお誕生日です。

外見にはそれなりに経年劣化は見られるものの、好奇心、体力、食欲、気概に全く衰えは感じておらず、また1年、ぶっ飛ばしていきたいと思ってます!
[PR]
by tanoshimu-wine | 2015-05-17 09:42 | @酒場

新旧ピノ対決

4年前のブルゴーニュの旅、訪問した小さなドメーヌのワインを買ってきました。とても気に入って大切にとってあったのですが、武蔵小山ツアーの締めに開けてしまいました。酔っ払った挙句だったので残念!
ということで、残りのワインにカリフォルニアをぶつけて、新旧ピノ対決、いえ、飲み比べをすることにいたしました。

Domaine Arlaud Chambolle-Musigny 1er Cru Les Chatelots 2009

e0243390_1612081.jpg


2009年というヴィンテージのせいか、驚くほど力強く果実味のしっかりしたChambolle-Musignyです。豊かな酸が、女性らしく繊細でタイトな雰囲気を出していますが、これはブラインドで飲んだらGevrey-Chambertinだと思ってしまったかも。そしてまだ硬い!柔らかみや丸みがない分、骨格のある男性的な印象になってしまうのかなあ。やはり飲み頃はまだまだ先だったようです。。。

Adrian Fog Pinot Noir Savoy Vineyard Anderson Valley 2003

e0243390_16274967.jpg


申し分ない、素晴らしいソノマのピノノワールです。香りも味わいも、赤い果実のコンフィチュール。それもリキュールを入れて煮たような濃密さ。そこにハーブやスパイス、肉、枯葉、たばこ、森などのニュアンスが次々と現れ、美しく柔らかな複雑味があります。私の大好きな熟成したジンファンデルみたい!この作り手は生産量も少なく、特にグレートヴィンテージである2003は、日本ではほとんど入手できないんですって。パーカーポイント94点。あー、素敵すぎる!

思い入れはともかく、対決ということになれば、今回はカリフォルニアに軍配を上げざるを得ないですね。この日のお料理はあまり席を立たずにピノをじっくり味わいたかったので、和を中心にしてこんな感じで。

e0243390_17191318.jpg


メインにレバカツだなんていかしてるでしょ?特製ソースも作りました。きのことチーズの炊き込みご飯とともに。

e0243390_2155056.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2015-05-16 17:21 | @自宅

アルザスワインでマダムランチ

代々木ヴィレッジのCODE KURKKUにて、マダム仲間(私は若輩モノですが・・)4人でランチ。ヴィレッジというには小さなプレミスですが、緑にあふれる素敵な空間です。CODE KURKKUは高い天井と広々とした北欧的空間が魅力的な、メインレストランです。燦燦した陽の素晴らしい初夏のお天気、繊細なお料理とワイン、とりとめのないおしゃべり、至福のひとときですなー。
e0243390_21313071.jpg

シャンパーニュの後にボトルでいただいたMarc TrmpeのAllianceは、この季節、このメンバーにピッタリの1本でした。けど、このお店、ワインが高すぎます・・・
[PR]
by tanoshimu-wine | 2015-05-14 21:33 | @レストラン