<   2013年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

飲み頃ワイン@ドゥー・アール

ワイン仲間の新年会は、昨年11月の忘年会で全員がすっかり気に入ってしまった表参道「ドゥー・アール」にて。
e0243390_855036.jpg

お料理の美味しさ美しさもさることながら、オーナーソムリエ小屋敷さんのワインのセレクション、管理、サービスがずば抜けているのです。今回も11名でお店を貸切にして下さって、心ゆくまでワインとお食事、賑やかなおしゃべりを楽しむことができました。この日は、シャンパーニュに始まり、白3種類、赤4種類の計8本。寒い夜でしたが、私のこの日の一番はブルゴーニュの白。

Puligny-Montrachet Les Reforts 2002 Etienne Sauzet
e0243390_95221.jpg

ドゥー・アールだと「グルメ会」のような定例会が、一気に「ワイン会」になる感じ。素晴らしい、まさに「飲み頃」のワインを堪能しました。
e0243390_954686.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2013-01-27 09:06 | @レストラン

冬の午後

目黒不動尊と林試の森公園は、私の大好きなご近所スポット。友人が遊びに来てくれたときには必ずお連れする、お散歩コースです。いつ訪れても清清しく、季節を感じさせてくれる場所です。
e0243390_8424451.jpg

しっとりとした冬の木立が美しい。
e0243390_84322100.jpg

公園の大きなケヤキの木と、冬の青空。
e0243390_8433255.jpg

目黒不動尊にお参りして、少しお腹を空かせた後は、これも私の界隈一押し「八目にしむら」で鰻をいただきました。肝焼きはときどき食べますが、くりから焼きは初めて。鰻を小さく切ったものを串に指して焼いてあり、塩でいただきます。うまーい。
e0243390_844190.jpg

もちろんうな重も!野田岩のように柔らかすぎず、甘味の少ないタレが鰻本来の味を生かしているように思われ、ここの鰻が一番好きかもしれません。
e0243390_846292.jpg

たくさんおしゃべりもして、気持ちの良い冬の午後でした。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2013-01-24 17:24 | 日々のあれこれ

お誕生会のヴィンテージシャンパーニュ

友人のお誕生日会を、五反田のロマーノにて。私からのプレゼントは・・・(もちろん、プレゼントと言いながら私もご相伴に預かりますが)

Bruno Paillard Blanc de Blanc 1999
e0243390_1733741.jpg

パイヤールのヴィンテージシャンパーニュは、エチケットが可愛くて好き。1999ブラン・ド・ブランは、ギュイユメット・シュルンバジェーというフランス人画家の絵だそうです。まだまだフレッシュで活き活きとしています。シャンパーニュらしい要素がぎゅっと詰まり、ブラン・ド・ブランとしては豊かなコクと風味が特徴的な気がしました。鮮やかで魅力的なシャンパーニュ!
[PR]
by tanoshimu-wine | 2013-01-24 17:09 | ワインワインワイン

恵比寿のトスカーナ料理

久しぶりにがっつりしたイタリアの郷土料理を食べたくなり、恵比寿の「トスカネリア」へ。駅から徒歩7分ほど、住宅街にさしかかる辺りにある、こじんまりとして居心地の良いリストランテでした。生ビールとトスカーナの白(マルヴァジア、グレケット、トレッビアーノのブレンド&ヴェルメンティーノ)をグラスで飲んだ後、ソムリエが選んでくれた赤を1本ボトルでいただきました。

Montecucco Rosso FOSSO del Nibbio 2006 Poggio al gello
e0243390_19561488.jpg

100%ステンレス発酵という珍しいサンジョヴェーゼ。でも、驚くほど豊かで複雑な香りです。口に含むと明るい感じのする味わいですが、コクがあり、熟成感もあります。少し獣のようなニュアンスもあるのですが、綺麗なワインです。面白いし、美味しい!

イカ墨を練りこんだカラスミのリングイネ、鴨のラグーのピーチ、どちらもパスタは大当たりで美味でした。メインは蝦夷鹿のロースト。これで1/2人前。。。トスカーナ、行きたくなっちゃいました。
e0243390_19581856.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2013-01-21 19:58 | @レストラン

1月のワインたち

「1年の計は1月にあり」とばかりに、精力的にワインを飲んでいます。記憶に留めておくのが苦手なので、せめてメモを残して振り返れれるようにしよう、というのが、2013年の目標の一つでもあります。

Dominique Laurent BEAUNE 2009
e0243390_17295047.jpg

肉料理や何種類ものベリーのジャム、ヴァニラやオークの華やかな香り。骨格がしっかりとあり、ピノノワールとしてはタンニンも豊富でリッチなワインではないでしょうか。Gevrey-Chambertin的なBEAUNEです。さすがドミニク・ローラン。

Domaine A-F Gros BEAUNE 1er Cru Les Boucherottes 2008
e0243390_17502547.jpg

こちらはプルミエ・クリュですが、同じBEAUNEでもこんなに違うのね、と感心させれます。タイトでエレガントな、私の好きなタイプのブルゴーニュ。ほっそりしていますが、しっかりと筋が通っています。2009にも拘わらずちょっとした熟成感が出ているのは、BEAUNEだから?フレッシュさとの共存が、いい感じ。

Santomaso TAURASI 2009
e0243390_17521190.jpg

やや固く、なかなか香りが開きません。ブラインドならネッビオーロだと思ってしまいそうなアリアニコです。酸が豊富でタンニンにも奥行きがある感じ。ハーブのニュアンスも感じさせ、こんな繊細なタウラジは初めてでした。

Vietti Barolo Brunate 2003
e0243390_19345541.jpg

Hugh JohnosonがBaroloベスト10に選んでいるViettiなので、とても楽しみにしていたのですが・・・2003というヴィンテージなのか、まだ開けるには早すぎたのか、と意外な感じでした。香水やハーブのような優しい香りに思われましたが、飲むとはりつくようなタンニンがあり、力強くまだまだ固い。レーズンのような凝縮した果実味もあり、BaroloというよりAmaroneのようなワインでした。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2013-01-19 17:35 | ワインワインワイン

新年会=その4=&お誕生日会

昨年のアルザス旅行チームの新年会は、メンバーのお誕生日会も兼ねて、友人宅で開催いただきました。お仕事バリバリシングル、奥深い趣味を持つ可愛い友人のマンションは、北欧風の清潔感溢れるステキなインテリア。自宅でのパーティが多いけれど、たまにはどなたかのおうちにお邪魔してのパーティもいいものですね。鶏味噌鍋と、みんなの持ち寄りのお酒とお食事で、賑やかな時間を過ごしました。お誕生日のメンバー2名のためにアレンジされたケーキがまたステキ。アンリ・シャルパンティエのものですが、ケーキのデコレーションがカレンダーになっていて、お誕生日の日には赤いベリーが置いてあるの。
e0243390_145345.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2013-01-19 01:44 | 日々のあれこれ

新年会=その3=はお刺身とお鍋

昔からの友人との新年会。今年は、母直伝の中華鍋にしました。肉団子を作ってスープをとってと、普通の鍋より少し手間はかかりますが、スープごと食べられる鍋は心温まる一品。
e0243390_128514.jpg

和食等の男性陣のために、お魚屋さんにお願いして、お刺身の盛り込みも準備しました。
e0243390_1295458.jpg

年に数回だけれど、このメンバーでの集まりは心安らかで癒される時間。昔からの友達ってやっぱりいいな~、と実感します。次回は4月の湘南?ちゃんと企画してねっ!
[PR]
by tanoshimu-wine | 2013-01-19 01:32 | @自宅

南アフリカワインのテイスティング会

2013年Fine Dine Discoveryの第1弾は、南アフリカがテーマ。ワインの知識レベル(と飲み込んでいるレベル)の様々な友人8名に集まってもらい、2月13日のイベントに向けて、テイスティング会を開催しました。12月に試した4本に加え、今回の8本、計12種類の中から5種類を選ぶことになりますが、みなさんの感想もまちまちだし、どれも美味しくて絞り込むのは本当に難しい!
e0243390_2352888.jpg

真剣なテイスティングと意見交換の後は、南アフリカ料理を4種類お出しして、楽しい新年会になりました。ボボティ、ターメリックライス、隠元とジャガイモの煮込み、スパイシーサルサを盛り合わせて。南アフリカ料理、ネットでいろいろ調べてみました。このあたりがポピュラーで、家庭でも作りやすいメニューです。どれもスパイスがきいていますが、親しみやすくて美味しいものばかり。特にボボティは大好評でした!
e0243390_23931.jpg

e0243390_2391653.jpg

e0243390_2392778.jpg

みなさま、ご協力ありがとうございました!
[PR]
by tanoshimu-wine | 2013-01-13 23:11 | Fine Dine Discovery

2013年最初のブルゴーニュ

とっても幸せなことに、今年最初にいただいたブルゴーニュは・・・

Louis Jadot Morey-Saint-Denis 1999
e0243390_22484735.jpg

ルイ・ジャドは何を飲んでも外しがないといつも思うのですが、こちらは「当たり!」なルイ・ジャド。ブルゴーニュの心地良く豊かな香りにうっとりしてしまいます。酸がなめらかで美しく、まろやかなテクスチャー。初々しい熟成感があります。アルザスもカリフォルニアもいいけれど、やっぱりブルゴーニュが一番好き。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2013-01-13 22:54 | ワインワインワイン

新年会=その2=のワインとお料理

友人との新年会@我が家は、2日後に南アフリカワインのテイスティング会を控えており・・・

Amani Pink Ribbon Chardonnay 2009
e0243390_22243614.jpg

南アフリカ初の黒人女性ワイン醸造家が造るワインだそうです。ピンクリボンがついているのは、1本売れるごとに1ランド(南アフリカ通貨)を積み立てて、ピンクリボン活動に寄付しているからとのこと。トロピカルな果実味、爽やかな酸、、ほど良い樽のコク、全ての要素がきっちりとあり、バランスが素晴らしい。わかりやすくおおらかなシャルドネでした。

Kevin Arnord Shiraz 1998
e0243390_22302971.jpg

南アフリカ料理を作るよ、と予告していたら、友人が持参してくれたワインがこちら。南アフリカの15年前のワインだなんて、よくそんなの持ってましたねー。こんなに燻製香の強いシラーは初めて!焦げるほど煮詰めたカシスのような、ベーコンにジャムを乗せたような香りです。テクスチャーは丸く、さすがにタンニンは細かくこなれています。

アミューズ:小岩井農場で買って来た「焼いて美味しいチーズ」
e0243390_22343518.jpg

前菜:ブラウンマッシュルームとナッツのキッシュ
e0243390_2235139.jpg

メイン1:ブリのソテー赤ワインソース
e0243390_22353985.jpg

メイン2:ボボティ(南アフリカのミンチ肉のグラタンのようなもの)
e0243390_22363440.jpg

デザート:栗のアイスクリーム
e0243390_22364973.jpg

ボボティは、さまざまなスパイスとレーズン、杏ジャムの取り合わせが特徴的で、なかなか美味しい一皿でした。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2013-01-13 22:40 | @自宅