<   2012年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

思い出横丁と思い出のラーメン

思い出横丁は、新宿でお気に入りの一角。古くからの酒場やラーメン屋、立ち飲み屋などが集まるレトロな横丁です。新宿駅からわずか数分の場所にこんな一角があるのは、奇跡的な感じ。
e0243390_16441548.jpg

インテリアショップをいくつか回った帰り、思い出横丁の中でも1番のお気に入り「うっちゃん」に立ち寄りました。午後3時というのに満席!ぎゅーぎゅーに詰めてもらって、焼き鳥台の前に座ることができました。うっちゃんの作る焼きそばって、どうしてこんなに美味しいんだろう。。
e0243390_16464965.jpg

生ビール3杯ですっかりいい気分になり、桂花ラーメンを食べて帰ることになりました。このお店は、主人が初デート(?)で私を連れて行ってくれた思い出のお店。友人達には、「何故関西からのお客様をラーメン屋などに連れて行くのだー!」と叱られてましたけどね。ここの太肉麺は最高!なのですが、なにせ焼きそばやら焼き鳥やら食べた後ですから、おとなしく普通のラーメンにしました。
e0243390_16502224.jpg

休日の主人とのお出かけなんて、こんなもんです。。。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-04-30 16:38 | @酒場

残業帰りの友人と

9時半から、なんてダイエットの大敵とはわかっていながら、残業後にお腹を空かせて寄ってくれた友人とビールやワインを飲みながらがっつり晩御飯。
メルバトーストにチーズ入りオムレツとトマトソースをのっけて、ブルスケッタ風。
e0243390_17122171.jpg

冷凍してあった塩麹ローストポークは、サラダ仕立てになり・・
e0243390_17125715.jpg

ゴルゴンゾーラソースの生パスタは、豆乳を入れるとまろやかになります。
e0243390_17134565.jpg

抹茶プリンもまだあった!
e0243390_17135965.jpg

終了ミッドナイト。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-04-29 17:08 | @自宅

摩天楼の夜

銀座の端っこ、汐留の摩天楼、昔ながらの飲み屋街・・・新橋駅周辺は面白いですね。数年ぶりのデート(?)に従兄弟が予約してくれたお店は、汐留の高層ビルの43階にある「和食・えん」でした。地上から眺めると首が痛くなるようなビルが集まるこの辺り、上海の浦東エリアを思い出します。
e0243390_1654412.jpg

アジアンモダンクラシック、といった内装のお店は、席もゆったりとられていていい雰囲気。窓際の席をアサインしてくれましたが、向かいの高層ビルが邪魔して、広がる夜景を楽しめるというほどではなかったのが残念です。
e0243390_1704142.jpg

生ビールに始まって、この日は日本酒尽くし。焼酎一本は軽いという従兄弟と私の取り合わせですから、ペースは早い!近況報告から次のイベント企画まで、しゃべりにしゃべって飲みに飲んだ5時間強でした。
e0243390_1742943.jpg

小さい頃からずっと妹のように可愛がってくれた従兄弟にとっては、私はいつまでも子供のままなんですね。ほのぼのと温かい気持ちになった夜でした。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-04-27 16:48 | @レストラン

ZINFANDEL YEAR?

そもそもZINFANDELは、それほど熟成させていただく品種ではありません。RIDGEは特別、だそうです。ここしばらく、ZINFANDELとしては古めの素晴らしいものに恵まれているかも。

RIDGE CALIFORNIA ZINFANDEL LATE PICKED NERVO 2000
LATE PICKED=遅摘み。果実が十分に熟して糖度が上がってから収穫されたブドウから造られているということが、12年たった今でもはっきりと感じられます。甘さと力強さが十分にあり、まだまだ熟成させられそう。ZINFANDELって何て美味しいの!と、素直に感激できるワイン。去年いただいたLAMBORN FAMILYに似ているかなあ。大好きです、このワイン。(って、もう手に入りそうにないけど。)
e0243390_0354842.jpg


MUGA CONDE DE HARO BRUT
すっきりした飲み口と、シャンパーニュに匹敵する繊細な泡のカヴァもいただきました。
e0243390_040285.jpg


タマネギのタルトをアミューズに
e0243390_0403914.jpg

前日の残りですが、海老ワンタンのスープ
e0243390_0405793.jpg

塩麹ローストポークは、たくさんの種類の葉物野菜と和えて、胡麻油と塩でサラダ仕立てでいただきます。
e0243390_0424784.jpg

アルポルトでいただいたお料理を真似てみました。蟹とアボカドのタルタルのミルフィーユ仕立て。パイではなく揚げワンタンを重ねましたが、2層の食感が美味!!これが今回のメインかしらね。
e0243390_044524.jpg

ジャガイモのニョッキもお手製です。トマトソースに生クリームを合わせたオーロラソースで。
e0243390_0455756.jpg

鶏もも肉とシイタケのゴルゴンゾーラ焼き。スープを入れて蒸し焼きにするので、しっとりした仕上がりです。古めのZINDANDELに合わせるお肉、とずいぶん考えたのですが、これは正解でした。
e0243390_0474020.jpg

母が送ってくれた抹茶をたっぷり入れて、抹茶プリンも作りました。
e0243390_0483219.jpg

かなり頑張ったディナー会でしたが、友人達に大好評で、私も幸せ♪
[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-04-26 00:49 | @自宅

神楽坂のワインバー

友人夫妻に、神楽坂のアロームという新しいワインバーのオープニングに連れて行っていただきました。ワインショップが併設されていて、ガラス越しにたくさんのワインを眺めながら、充実したワインのラインナップと本格的なお食事を楽しめる、ワイン輸入商社が手がけるステキなバーです。
e0243390_0223061.jpg

この日出していただいたグラスワインも、よく吟味されたものばかり!フランスとアメリカ中心の輸入業者さんらしいセレクションでした。ヌフ・ド・パプの白なんて珍しいし、モレ・サンドニも初めての作り手。
e0243390_0172475.jpg

e0243390_0192971.jpg

お料理もしっかり2品いただいてしまいました。
e0243390_0193919.jpg
e0243390_0194969.jpg

一杯いただいて次のお店へ・・・という予定でしたが、あまりの居心地の良さとワインとお食事の美味しさに、思わずしっかり食べて飲んで長居してしまいました。ありがとうございました。来月のワイン仲間の会は是非こちらで!
[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-04-25 00:06 | ワインワインワイン

網焼きとスロヴェニアワイン

赤坂の雑居ビルの2階にある、網焼き・おか にて小宴会。おじさま方とご一緒だと、私が普段行く酒場とはまた違ったしぶーいお店設定になってうれしかったりします。フレンドリーなのだか小難しいのだか判断のつかないご年配のマスターが忙しく立ち働く店内は、男性サラリーマン率90%超。選んだお魚を焼いて下さるスタイルで、鯖、秋刀魚、ほっけ、赤鯛などをいただきました。どれも十分に脂が乗っていて、美味!!こんなお魚、近所のお店では買えないし、焼き加減も絶妙です。ご一緒した皆様健啖家で、私は少々お魚疲れいたしましたが・・・
e0243390_1065347.jpg

そして早めに集合、早めに解散が、このメンバーのお約束。赤坂で22:00?まだ宵の口だし(?)、大使館から紹介された、スロヴェニアワインを置いているという溜池山王のBATICというビストロに立ち寄りました。ビルの地下ですが、カウンターもテーブル席も広々としていて、落ち着いた雰囲気です。アンティパストミストと・・
e0243390_10111219.jpg

スロヴェニアの白と赤をいただきながら、ソムリエに色々とお話を伺うことができました。Fine Dine Discoveryクロアチア編の次はスロヴェニア編を予定しているのですが、日本で入手できる情報はまだまだ少ないのです。ソムリエが4年前に旅行された際のお話や、お料理やワインのアドバイスなどもいただきました。Alpine Whiteという8種類の品種をブレンドしたという白は香りも味わいも爽やか!
e0243390_10171916.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-04-24 09:55 | @レストラン

■■2012年4月度「たのしむ・ワイン」レッスン■■

今月のテイスティングは、赤はカベルネ・ソーヴィニヨン主体のカリフォルニアの新しいもの、ボルドーの新しいもの、ボルドーの古いものを飲み比べてみました。一番人気は、アルコール度が高く甘味とボリュームのあるカリフォルニアでした。白はフランスで2種類。ボルドーのソーヴィニヨン・ブラン100%と、ブルゴーニュのシャルドネ100%です。デザートには、日本の甘口ワインを合わせました。

①Château Reynon Blanc 2010

産地 : フランス(ボルドー)
品種 : ソーヴィニヨン・ブラン100%
アルコール度 : 13.5%
輸入元参考価格 : ¥2,500
★りんご、洋ナシ、グレープフルーツ、トロピカルフルーツ、パイナップルなど、華やかな香りです。ソーヴィニヨン・ブランらしい青草とフリンティな香りも。酸はややシャープですが、わずかな苦味と凝縮した果実感があり、意外なほど長い余韻。フレッシュで、この季節のサラダやアスパラ料理にぴったりのワインです。
e0243390_1363453.jpg


②St Veran En Faux Cuvee de VV 2008

産地 : フランス(ブルゴーニュ/マコン)
品種 : シャルドネ100%
アルコール度 : 13.0%
輸入元参考価格 : ¥3,500
★最初に来るのは、蜂蜜や焼きリンゴといった甘い香りです。アーモンドやブリオッシュのような香ばしさ、白コショウのような軽いスパイスの香りも感じられました。ふわっと広がるようなまろやかさ。ボディのある心地良いワインでした。
e0243390_137350.jpg


③SONO Cabernet Sauvignon 2009

産地 : アメリカ(カリフォルニア/ナパヴァレー)
品種 : カベルネソーヴィニヨン主体
アルコール度 : 14.5%
参考価格 : ¥5,800
★多くの人に愛される、典型的な新世界のカベルネ・ソーヴィニヨンではないでしょうか?私が参加している「プレミアムワイン造りの会」がカリフォルニアで作ったもの。2月のレッスンでは、シラーを飲んでいただき、こちらも一番人気でした。カベルネ・ソーヴィニヨンは、黒い果実のジャム、ヴァニラ、キャラメル、焼けたゴム、リコリスなどの豊かな香り。凝縮感のある濃厚なワインですが、タンニンはシルキーです。骨格はしっかり、そしてふくよかで丸みのある、素直に美味しいワイン!(と、自画自賛ですね)
e0243390_1371525.jpg


④The Winemakers' Collection Cuvee No. 2 Denis Dubourdieu 2006

産地 : フランス(ボルドー)
品種 : カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー主体
アルコール度 : 13.0%
輸入元参考価格 : ¥8,400
歴史あるメドックのシャトー・ダルザックで、ペトリュスを所有するムエックス社が畑を確保し、毎年違う造り手に全てをまかせてワインを造るプロジェクトがスタート。毎年の気象条件の違いと、1年ずつ積み重ねられる葡萄樹の樹齢以外は、葡萄品種も同じ、葡萄の樹も同じものを使って毎年異なる造り手がワインを造っていく。栽培や醸造、全体の管理も造り手に全てまかされます。
というプロジェクト2年目、2006年を担当したのが、ボルドー大学教授でもありシャトーも所有するドゥニ・デュブルデュー。世界的に著名な醸造家です。伝統的なボルドースタイルながら、パーカーが評価するパワフルさも持ち合わせている、という印象。ブラックチェリーやブリオッシュ、古木、コショウの香りに、きめ細かなタンニンと果実、ミネラル感を伴う酸のバランスが良く、チョコレートの後味。熟成とともに変化を楽しめそうな、ポテンシャルを感じるワインでした。
e0243390_1395830.jpg


⑤Clos du Marquis Saint Julien 1996

産地 : フランス(ボルドー)
品種 : カベルネ・ソーヴィニヨン65%、 メルロー19% 他16%
アルコール度 : 12.5%
輸入元参考価格 : ¥10,500
★メドック2級格付のシャトー・レオヴィル・ラスカーズのセカンドワイン。1996は偉大なヴィンテージとされており、パーカーポイントも90点をつけています。上記2つの赤の要素を全て持ち合わせ、それらがやわらかく溶け合い新しいハーモニーをかもし出している、そんな雰囲気でしょうか。豊かで繊細で複雑。さすがです!

e0243390_13102166.jpg


デザートと合わせた日本の甘口ワインたち。デラウェアもリースリングもほどよく酸を残し、ほどよい甘さで美味しかったですね。

⑥Francisco Delaware 2010(金曜クラス)
e0243390_13111119.jpg


⑦Benediction Riesling 2008(土曜クラス)
e0243390_1312631.jpg


合わせたお料理は・・・

炒りパン粉で和えた鰯のパスタ
e0243390_1640645.jpg

塩麹ローストポーク
e0243390_164287.jpg

抹茶のパウンドケーキとチョコレートプリン
e0243390_16422289.jpg


今月も楽しく美味しいレッスンでした。ありがとうございました!
[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-04-23 16:42 | 「たのしむ・ワイン」クラス

やめられないハシゴ飲み@武蔵小山

いかにも職人気質の板前さん、といった雰囲気のマスターは、笑顔のステキな渡辺謙ばりの男前(イケメン、というのは失礼な感じなのよ)。奥様もきりりとしたきっぷのいい美人です。元寿司職人というだけあって、お魚を捌く手際が美しく、料理に対する真剣な眼差しにほれぼれします。アジのなめろうを頼んだところ、「ごめんね、切れちゃってるからイサキで作ろうか?」。初めて食べるイサキのなめろうは、あっさりもったりと、アジとはまた違った美味しさでした。(あ、でも写真はトンビ=イカの口の焼き物)そして格安。気取らず常連さん達がワイワイと楽しんでいる様は、気持ちのいい酒場です。なるほどいつも混んでる訳です。佐一@武蔵小山。いけてます。再訪間違いなし!
e0243390_21264936.jpg

ワインもちょっと飲みたくなって、金安へ。ちょっと冷えた農民ロッソが定番ですが、この日は佐一の余韻で(なんだ?)Musee du Vinというのを飲んでみました。ブラッククイーンという日本の品種のもの。果実味がしっかりあって、瑞々しいワインでした。天ぷらのお店なのに、いつもバーとして使ってごめんなさい。。
e0243390_21302796.jpg

締めはICHIのラーメンです。二郎系と言われますが・・・やっぱり二郎に軍配!!
e0243390_2132288.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-04-20 21:33 | @酒場

ヒルズクラブのワイン選定委員会

2年ぶりくらいでしょうか?六本木ヒルズクラブの「ワイン選定委員会」に、連れて行っていただきました。六本木ヒルズクラブ内のレストランで。、次の月に供するグラスワインを、会員が選ぶというテイスティング会です。その時々のテーマに沿ったレクチャーを聞きながら、白4種類赤4種類を評価していきます。
e0243390_1621198.jpg

エレガントな評価シート、Fine Dine Discoveryの参考にさせていただこう!
e0243390_16164618.jpg

カリフォルニアのワイナリーでは、organicよりもっと幅広い意味を持つsustainableやgreenという言葉やその思想に沿った活動が盛んだそう。この日のワインは、そんなワイナリーで作られたものがピックアップされていました。

e0243390_16334682.jpge0243390_1634154.jpg


e0243390_1634693.jpge0243390_16343540.jpg


e0243390_16342487.jpge0243390_16345846.jpg


e0243390_16344833.jpge0243390_16351970.jpg


私の選んだワインは、赤白ともに人気ナンバー1ではありませんでした。人によって感じ方は様々ですものね。会員制クラブの優雅な雰囲気の中、新しいワインとの出会いを楽しみました。

[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-04-19 16:07 | ワインワインワイン

急ごしらえのディナーに1994CS

カリフォルニア・ソノマのローレル・グレンは、ボルドーの1級シャトーに匹敵するポテンシャルを持つワインだとか・・・その1994ヴィンテージ(そろそろ飲み頃のはず?)を急に飲もうということになり、外出先から急遽戻ってディナーをすることになりました。2時間で掃除して、ワインにふさわしいディナーを作る!?なかなかチャレンジングでしたが、その甲斐のある素晴らしいワインでした。

Laurel Glen Cabernet Sauvignon Sonoma Mountain

e0243390_10132124.jpg

深く輝くルビー色のカベルネは、真紅のスミレや薔薇のエキスのようなアロマを放っています。ユーカリやミントなど、カベルネに特徴的な香りも顕著。熟成して柔らかくなりつつもタンニンと、なめらかな酸がしっかりとあります。アフターには黒糖やダークチョコレートのような甘味も感じられます。風景を思い浮かべるなら、生き生きとした木と枯れ木がない交ぜになった深い森の中の、暖炉のある小さな古い木の家。、貝殻の壁飾りと八角の入ったこっくりしたシチューが見えます。なんてね。。。

前菜は桜のチーズと万願寺唐辛子のジャムのブルスケッタ。朝ご飯の残りのほうれん草の白和え(これでワイン??)も添えました。
e0243390_102214100.jpg

先日は卵が固くなりすぎちゃったアスパラガスメニューでしたが、今回はほどよい温泉卵を作ることができました。しゃっきりしたアスパラにトロッとした卵、チーズと胡椒をきかせると美味しい。
e0243390_1025065.jpg

あめ色玉ねぎを冷凍してあったので、ラグーを合わせてソースにしたパスタ。
e0243390_1026023.jpg

冷凍黒毛和牛ミンチで、特急でハンバーグも作ってみたところ、これが大好評!これはお肉が良かったせい??冷凍してあったきのこワインソースでいただきました。濃厚なソースが、パワフルなハンバーグとよく合って、自分でも急ごしらえとは思えない出来ばえでした。
e0243390_10285252.jpg

何だかお料理の実力がついてきたなー、と、ちょっぴり自己満足。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-04-17 09:47 | @自宅