カテゴリ:@自宅( 120 )

昨冬の旬と今冬の旬

いろーんなお料理を作ってみたい人なのですが、その時々のブームがあります。友人を招いてのディナー、去年の冬にはまって繰り返し作ったお料理、詰め物をしたカブのクリーム煮と・・・

e0243390_20344102.jpg

この冬、いろんなチャンスにみなさんに食べていただいている牛肉の赤ワイン煮のパイ包み仕立てを・・・

e0243390_20361316.jpg

コースの中に両方織り込んでみました。いいバランスじゃない??
締めは、先日栃木のアンテナショップで買った「かける餃子」なるものに、じっくり炒めた豚バラとネギを合わせた丼でした。ヤバいヤバい。

e0243390_20390225.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2017-03-12 20:39 | @自宅

1月のエレガントなワイン会

たまには女性だけのワイン会も良いものですね。なーーんとなく、ですが、集まったワインもエレガント!印象深かったのは、友人が昨年のフランス旅行の際にワイナリーで購入してきたというワイン。プロヴァンスのロゼで現地60ユーロ、なかなかいただくチャンスのないワインかもしれません。デスクランは、もっと下のキュヴェは日本でよく見かけますか、これは入ってないかも??

Chateaux D'esclans LES CLANS

e0243390_20220868.jpg

ボトルの重さ、スタイリッシュさも特筆すべきものですが、味わいの豊かさに驚きました。超リッチ!香しくチャーミングで、テクスチャーのなめらかさが素敵♪

お料理も大好評でした。ちょっと食べ過ぎなコースになっちゃいましたが、メインの2種類の肉料理の盛り合わせは、自分でもなかなかな出来栄え!

e0243390_20262127.jpg
牛スネの赤ワイン煮込みパイ包み焼と、豚バラのトロトロ煮込みプルーン風味です!






[PR]
by tanoshimu-wine | 2017-01-30 20:27 | @自宅

お家でピクニック

DVD鑑賞に集中するために、ディナーBOXを作ってみた。

e0243390_1359476.jpg


モヤシとネギのナムル、鶏の唐揚げ、冥加の天ぷら、豚のサテー、ホタテ炊き込みご飯のおにぎり、レバーパテサンド、煮卵、タコのマリネ、ほうれん草の胡麻和え、ラタトゥイユパスタ。うーーむ、彩りがもう一つですね。
久しぶりの「Sideways」、かなり英語も聞けたし、面白かった!もちろんワインも進みました。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2016-06-25 14:00 | @自宅

バラと飲む

気の置けない友人と急なディナー@我が家。イギリス王室の庭園に咲き誇っていそうな、クラシカルな美しいバラの花束をお土産に持ってきてくれました。

e0243390_2227466.jpg


「ありものでごめんね~」と言いつつ、そこそこのお料理ができるのが、自分なりに嬉しかったりします。冷蔵庫にある野菜とカリッと炒めたベーコン、よく熟れたアボカドのサラダに・・・

e0243390_22282972.jpg


冷凍していたラムカツを揚げて、ムール貝の缶詰を使った即席パエリア、朝ごはんに作ったひよこ豆のスープを盛り合わせ・・・

e0243390_22301498.jpg


類友の友人なので、台湾土産のラーメンに空芯菜炒めをのっけたので、締めました。

e0243390_22305622.jpg


翌日早いから、と、早くスタートしたのに、気が付いたらもうすぐ終電。またいつでも来てね!
[PR]
by tanoshimu-wine | 2016-06-05 22:32 | @自宅

ラムとシャルドネ

ちょっと古めのカリフォルニアのシャルドネを飲もうということになり、我が家でディナー。

Sbragia Gamble Ranch Vineyard Chardonnay Napa Valley 2003

e0243390_21425557.jpg


高級なワインではないのですが、十分な熟成の力を持っています。凝縮が緩み始めた、ほどよく濃密な味わい。どんなお料理にも神対応??

e0243390_21454342.jpg


先日イタリアンでいただいた「フリットにトマトソース」にトライ。トマトソースは、シシリアンルージュを使って、甘味のある力強い味に作ってみました。マコモダケが見つからなかったので、食感の似たベビーコーンと、アスパラ、エリンギをカリっと揚げました。うんうん、レストランに負けないくらい良い出来です。

e0243390_21483789.jpg


最近一番のお気に入り、B先生のサーモンタルタル。オレンジの果汁を煮詰めたソースが、タルタルをアップグレードしてくれます。

e0243390_21494656.jpg


私の定番の一つ、トリッパのトマトソース煮込みグラタン仕立て。これは得意のメニューです。外で食べても、これほど臭みがなくてトロリとしたトリッパには、なかなか出会えない。歯ごたえを求める人には、物足りないかもしれないのだけど。

e0243390_21521849.jpg


レストラン帰りにラーメン、丼もの常習犯のワタクシとしては、シメはこんな風になってしまいます。ラムカツカレー!!これがまた古めのカリフォルニアのシャルドネにバッチリ合うのですから、どちらも懐深いですよね。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2016-06-05 21:54 | @自宅

静岡おでんとTSUGANE

"孤独のグルメ"で、ゴローさんが「ご飯のおかずになる」、くすみさんが「おでんに足りない水分はお酒で補う」とコメントする静岡おでんなるものをどうしても食べたくなり、作ってみました。串にさしたタネを、黒っぽい出汁で煮込むこと3時間、タネだけ引き上げてカツオ粉と青海苔粉をふっていただきます。
e0243390_9364933.jpg

しっかり味でうまみたっぷり。ご飯のおかずにもお酒のお供にもぴったりのおでん!!普通のおでんよりずっと濃厚なおでんとでもいいましょうか。これにはやはり日本のワイン!

BEAU PAYSAGE “TSUGANE” le vent 2008

e0243390_941854.jpg


TSUGANEの柔らく丸い独特のテクスチャーとたっぷりの旨みがおでんとぴったりマッチして、何とも言えず美味しい。Le ventはカベルネ・ソーヴィニヨン中心ですが、2008はすでに全ての要素が溶け合っていて、まろやかです。大好き。我ながら、素晴らしいマリアージュでございました♪
[PR]
by tanoshimu-wine | 2016-05-10 07:29 | @自宅

お花見とオールドヴィンテージ

散りゆく桜に、ちょっぴり感傷的になりながら味わうオールドヴィンテージのワイン。

Kistler Durell Vineyard Sonoma Valley 2001

e0243390_1743229.jpg


とても不思議な香り。ほのかな酸化熟成のニュアンスがあります。以前に飲んだ1994のKistlerには豊かな酸が残されていて、「Kistlerって酸で熟成に耐えるんだね」という話をしたのを覚えているのですが、こちらは果皮からのタンニンや強いミネラルが特徴的で、ずっしりとした質感。果実味は失われていて、その意味ではもう飲み頃を過ぎているのかもしれません。ただ、そのしっかりとした骨格、衰えてなお輝く気品は、さすがKitsler。とても魅力的なワインでした。好き。

Volnay Champans Domaine Monthille 1985

e0243390_15333886.jpg


逆にこちらは、30年以上を経てこの力強い果実味は何??という驚きをもたらしてくれたVolnay。複雑味もたっぷりあり、フィネスも感じますが、畑の土や太い幹が見えるようなどこか素朴なワインでした。

最近アスパラのムースにはまっていて、いろんなアレンジしてます。これはトマトのジュレがけ。

e0243390_15482856.jpg


あまりひねらず、ベーコン&オニオンパイ。

e0243390_15401123.jpg


サラダ仕立てにして美味しかったサーモンのブッタネスカソースを、今回はパスタにアレンジ。

e0243390_1542951.jpg


豚ロースのグリルをジェノヴェーゼソースで。

e0243390_15432283.jpg


台湾で買ってきた度小月の肉燥とパクチーで、シメのご飯。全くダイエットが眼中にないメニューでございます。

e0243390_15461054.jpg


さらに今日はヘーゼルナッツのシフォンケーキだよ~♪

e0243390_1546436.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2016-04-17 15:51 | @自宅

台湾お土産ディナー

旅のお土産は、現地でinspireされたお料理の再現と決めています。私なりのアレンジもしてしまいますが、私もまた旅を懐かしく振り返る時間になります。

市場で買ってきた銀糸巻きをふかして、金華ハムの蜂蜜漬けと揚げ湯葉をはさんでいただきます。これは10年以上前に初めて台湾で食べて以来、大好きなメニュー。今回ようやく金華ハムの蜂蜜漬けを見つけたの。
e0243390_2355715.jpg

定番、切り干し大根入りの卵焼き。
e0243390_2362320.jpg

今回、海鮮料理の高級店でいただいた魚や海老の紹興酒蒸しが忘れられず・・・
e0243390_2371438.jpg

ワンタンが美味しくて3度も食べてしまったので、現地の味に近づけるよう頑張ってみた。
e0243390_238192.jpg

なかなかな出来だと思う。薄くてなんだか物足りない台湾ビールがあったら、それはそれでもっと良かったんだけれども。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2016-04-06 22:58 | @自宅

鰻とピノノワール

にしむらの鰻とワインの会。肝焼き、白焼き、かば焼きのフルラインナップに、持ち寄ったワインを合わせていただきます。かば焼きは温めて、炊き立てご飯にのせてうな重風。これがまたワインとマリアージュしちゃうからスゴイ。

e0243390_1335718.jpg


私の中では「鰻にはジンファンデル」という信念にも近いものがあったのですが、今回はピノノワール共和国の住人が2本赤を持参してくれたため、ブルゴーニュとカリフォルニアのピノノワールを合わせることになりました。ブルゴーニュのピノは白焼きにはなかなかですが、かば焼きになると少し線が細い。そしてこのカリフォルニアのピノは、ジンファンデルに負けないほどのマッチングでビックリ!!

CRU Pinot Noir Santa Lucia Highlands 2012

e0243390_1391581.jpg


単に濃くて甘いだけのカリピノではなく、しっかりとしたストラクチャーと複雑味があります。翌日、翌々日にさらに開いて、旨みたっぷりのピノになっていました。明るく、あたたかな気分にさせてくれるワイン。そう、ジンファンデル的なピノだったのね~。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2016-02-07 13:12 | @自宅

鰻に合うのは・・・

私が知るところでは東京一美味しい鰻屋さんは、ご近所の"八目鰻にしむら"。こちらの鰻とワインを合わせてみようという会です。肝焼き、白焼き、蒲焼に・・

e0243390_834357.jpge0243390_8344392.jpge0243390_8345165.jpg


Zinfandelです!素晴らしいマリアージュ。質の良い脂の乗った鰻を、味わい深い赤がしっかり受け止めてくれます。美味しい~~♪

RIDGE LYTTON SPRINGS 2009

e0243390_840215.jpg


BEDROCK Old Vine Zinfandel 2013

e0243390_8401232.jpg


LYTTON SPRINGSの香りの広がり、複雑な味わい。前回1991で感動しましたが、2009という熟成途上のZinfandelもまた良し。断然LYTTON SPRINGSですねー、なんて言っていたら、BEDROCKがすごい追い上げ!グラスの中でどんどんパワーを増してきて、これもまた驚きでした。
鰻にはZinfandel!!決まりです。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2015-10-26 08:45 | @自宅