カテゴリ:Fine Dine Discovery( 41 )

Fine Dine Discovery=パールロード編=イベント報告

12月14日、2013年を締めくくるFine Dine Discoveryイベントが開催されました。ハンガリー、クロアチア、スロヴェニアを結ぶパールロードを特集する、今年最後の、そしてFine Dine Discovery初めての立食形式での大パーティです。ご参加いただいた皆様、パールロードの魅力をご紹介下さった観光局の皆様、素晴らしいワインのサーブをはじめ惜しみないご協力を下さったインポーターの皆様、ステキな会場と本場顔負けの美味しいお料理、心地良いサービスをご提供下さったコポンノープの皆様、本当にありがとうございました!
e0276634_18454086.jpg

19:00開場。エントランスでウェルカムドリンクのイタリアのスパークリングワイン・プロセッコと・・
e0276634_18472798.jpg

ハンガリー版スコーンのポガチャにスペインの生ハムを巻いたおつまみで、皆様をお迎えします。
e0276634_1849290.jpg

19:30、ハンガリー大使館観光担当のアンドレアさま、クロアチア政府観光局の片山さま、スロヴェニア政府観光局のティナさまによる、パールロード各国の楽しいご紹介でイベントはスタートしました。
e0276634_1853122.jpg

生き生きとした、自国への愛情溢れるお話に、会場の皆様は熱心に聞き入っていらっしゃいます。
e0276634_18542239.jpg

e0276634_18553070.jpg

インポーターさんによる各国ワインのご紹介の後は、赤白2種類×3ヵ国=計6種類のワインをお楽しみいただく趣向。
e0276634_18583867.jpg

各国のブースで、ワインがサーブされます。
e0276634_1903051.jpg
e0276634_1921130.jpg
e0276634_193438.jpg

e0276634_1934534.jpg

e0276634_19173112.jpg

コポンノープ片山シェフの、本格的な各国郷土料理も供されます。ファーストプレートは・・
e0276634_1955472.jpg

ハンガリー:マンガリッツァ豚のサラミ
e0276634_1975680.jpg

クロアチア:ザグレブ風ポークロースト
e0276634_1985078.jpg

スロヴェニア:ポルチーニ茸のスープ
e0276634_1991628.jpg

セカンドプレートは・・
e0276634_19101912.jpg

ハンガリー:グヤーシュスープ
e0276634_19113171.jpg

クロアチア:イカ墨の焼きリゾット
e0276634_19121484.jpg

スロヴェニア:キノコと蕎麦の実のサラダ
e0276634_19132221.jpg

美味しいお料理とワイン、楽しい出会いとおしゃべりに、笑顔の弾ける会場です。]
e0276634_19141222.jpg

e0276634_19144091.jpg

e0276634_19151223.jpg

サーブするコポンノープの方々も、この笑顔!
e0276634_1916117.jpg

各国の観光局の代表に、お料理のお話もお伺いしました。
e0276634_19195711.jpg
e0276634_19185557.jpg

e0276634_19192829.jpg

そして全員参加で、「パールロード・ウルトラクイズ」が始まりました。インポーターさまからご提供いただいた各国の名産品が賞品です。
e0276634_19245944.jpg

「正解?不正解??」ワイングラス片手に、会場が盛り上がります。
e0276634_19274572.jpg
e0276634_19283293.jpg

e0276634_19282992.jpg

e0276634_19301443.jpg

e0276634_19302023.jpg

ロマンチックなクリスマスソングのピアノ演奏と
e0276634_19321080.jpg

「きよしこの夜」の合唱。
e0276634_19325094.jpg

e0276634_19331689.jpg

e0276634_1935175.jpg

もりだくさんなパールロードのクリスマス、お楽しみいただけたでしょうか?
e0276634_1934151.jpg
e0276634_19342169.jpg

2012年の一年、Fine Dine Discoveryを通じて、多くの素晴らしい文化や自然、歴史、ワイン、お食事、そして素晴らしい方々とめぐり合うことができました。心から感謝しております。
e0276634_19361656.jpg

皆様にとっても、Fine Dine Discoveryが心躍る発見と出会いの場となりますように。スタッフ一同、ますます努力してまいる所存です。どうぞ来年もよろしくお願い申し上げます。
e0276634_1942368.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-12-30 00:28 | Fine Dine Discovery

Fine Dine Discovery=パールロード編=イベントご案内

今年の3月にスタートした、「おいしい時間、発見」Fine Dine Discovery。12月は、ハンガリー、クロアチア、スロヴェニアを結ぶパールロード企画です。ドナウの真珠ブダペスト、アルプスの真珠ブレッド湖、アドリア海の真珠ドブロブニク。真珠の名を冠して称えられる美しい3都市を結ぶ道がパールロード。いずれもハプスブルクの文化や芸術に影響を受け、美しい中世の街並みや豊かな自然風景、美味しいワインや郷土料理、独自の文化と、共通の輝きをはなちます。
e0276634_12154216.jpg

■DATE:2012年12月14日(金)19:30~22:00
■PLACE:Copon Norp〔コポンノープ〕
■PRICE:6,500円(tax込み)


今回は、これまでのイベントで評判の高かったワインに、ご紹介いただけなかった美味しいワインも加えてセレクト。各国のお料理とともにご紹介します。より、たくさんの方に参加していただけるよう、立食スタイルで開催します。
当日は、当地に詳しい、観光局スタッフやインポータの方々をお迎えしています。各国のみどころ、文化や民族性については観光局の皆さまが、ワインについては各国のインポータが、国ごとの特徴を比較しながら、皆さまの疑問や興味に答えていきます。皆さまからのご質問も、どしどしぶつけて、一緒にわきあいあいとした時間をお楽しみ下さい。
e0276634_12161469.jpg

皆様と会場でお目にかかれるのを楽しみに、お待ちしております!

お申し込みはこちらから>>
[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-11-19 09:02 | Fine Dine Discovery

Fine Dine Discovery=チェコ編=のご報告

9月26日(水)、Fine Dine Discovery=Czech Dine=は、大盛況のうちに終了いたしました。ご参加いただいた皆様、イベント開催にあたって多大なご協力を下さった皆様に、心より御礼申し上げます。
Fine Dine Discoveryは、まだ私達がよく知らぬ世界を、旅する気分で、ワインと食事とともに発見し経験するイベントです。ヨーロッパの古都プラハの印象の強いチェコ。ビールの一人当たり消費量世界一、ボヘミアのビールで有名な国でもありますが、ワインの歴史も古く、最近では目覚しい発展をとげています。
会場は今回も、裏原宿の隠れ家的シネマダイニングcopon norp。赤を基調にしたお洒落なテーブルには、テイスティンググラスがセットされ、お客様の来場をお待ちしています。
e0276634_7271558.jpg

e0276634_7271094.jpg

さあ、今回はどんなワインが味わえるのでしょうか。
e0276634_7284569.jpg

copon norpの大きなスクリーンにはチェコで長く愛されているアニメ「クルテク」を上映し、イベントスタートまでしばしお楽しみいただきました。19:30、会場が暗転し、チェコの音楽の父スメタナの「わが祖国/モルダウ」の叙情的な音楽が流れ、いよいよオープニングです。
e0276634_7362225.jpg

駐日チェコ共和国大使カテリーナ・フィアルコヴァー様より、ご挨拶をいただきました。日本に駐在して2年になられるそうですが、ワインと食事と文化にフォーカスしたこのようなイベントは初めてとのこと。素晴らしい企画だとのお言葉をいただき、スタッフ一同感激です。(素晴らしいスピーチを頂戴したにもかかわらず、通訳がいたらず、申し訳ございませんでした。。。)
e0276634_7385928.jpg

引き続き、Fine Dine Discovery名物テイスティングセッション。これから飲むチェコワインについて学び、会場の皆さん一緒に5種類のワインを味わってみます。チェコは一人当たりのアルコール消費量世界2位、ビールの消費量世界1位と、お酒の大好きな国民性です。その飲み方は、収穫期に開催されるワインフェスティバルの盛んさにも象徴されるように、「飲んで、食べて、歌って、踊って、騒ぐ」という陽気なもの。お酒をカジュアルに楽しむ民族性のようです。
e0276634_7441667.jpg

お客様の中から6名の1テーブルに一人、"テーブルリーダー"なるものを指名させていただいています。このテーブルリーダーの采配の下、5つのグラスにワインが注がれます。スパークリングワイン1種、白ワイン2種、赤ワイン1種、甘口ワイン1種の計5種類を、ワインシートにメモをとりながら味わっていただきます。
e0276634_755810.jpg

e0276634_748324.jpg

さてさてそろそろ乾杯の時間です。今回はサプライズで、チェコビールをご準備させていただきました!相手の目をしっかり見て乾杯しないと、チェコでは叱られてしまうそうです。
e0276634_750284.jpg

大使館のマッツァさんの音頭で「ナズドラヴィー!!」。みなさんしっかり、チェコスタイルで乾杯しておられました。ビールでの乾杯は、一気にお祭り気分を盛り上げてくれますね。
e0276634_7525195.jpg

e0276634_7565227.jpg

ワイン1:ZNOVIN Sparkling Wine
e0276634_759320.jpg

e0276634_759369.jpg

e0276634_7592793.jpg

産地:ズノイモ(モラヴィア)
今回は、インポーターのP&Mさまのご協力で、特別に日本未入荷のスパークリングを空輸で取り寄せました。いずれも、数々のコンクールで入賞し、評価の高いワインです。泡は若干弱め。ツヴァイゲルトレーベ種のロゼは柔らかな味わい、ピノブラン種とウェルシュリースリング種のドゥミ・セック(甘め)は軽い食前酒にぴったり、ピノノワールのゼクトはコクのあるしっかりとした味わいです。テーブル間でボトルを交換して、飲み比べもしていただきました。

ワイン2:REISTEN Pinot Gris 2010
e0276634_9124598.jpg

産地:ミクロフ(モラヴィア) 品種:ピノグリ
フレッシュな口当たりですが、時間とともにパワーとまろやかさを感じさせるピノグリです。ミネラルがたっぷりとあり、パン粉のような香ばしさや柔らかな果実の甘味も。

ワイン3:Vola?ik Muller Thurgau 2010
e0276634_9163050.jpg

産地:ミクロフ(モラヴィア) 品種:ミュラートゥルガウ
しっかりとした果実味と、樽のニュアンスを伴う苦味を感じさせるコクがあります。テクスチャーがなめらかで、親しみやすいワインでした。

ワイン4:Grand Cuvee Ch. C.ANDRE 2007
e0276634_9172498.jpg

産地:ヴェルケパヴロヴィチェ(モラヴィア)
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、ツヴァイゲルトレーベ、アンドレ
プラムやダークチェリー、ヴァニラ、ハーブ、湿った土、なめし皮など複雑な香りの素晴らしいワインです。味わいは、カベルネソーヴィニヨンからくる力強いタンニンを、ツヴァイゲルトレーべの酸味が和らげていて、思ったよりも柔らかくタイトに仕上がっています。

ワイン5:VINO MARCIN?AK Riesling 2003
e0276634_9202744.jpg

産地:ミクロフ(モラヴィア) 品種:リースリング
完熟ブドウを房選りで収穫し、藁の上で4-6ヶ月乾燥。36時間かけてプレスし、アルコール発酵後樽熟成させた「ストロウワイン=藁ワイン」です。わずかに酸味を残す極甘口は、デザートとして最高ですね。

参加者の皆様には、好きなワインに順位をつけて投票いただきました。集計結果はその場で発表し、大使館の皆様とワインのインポーターさんにお知らせしています。人気第一位は、3番のVola?ik Muller Thurgau 2010でした。次点のVINO MARCIN?AK Riesling 2003(極甘口藁ワイン)とは、わずか1ポイント差でした。
e0276634_17164560.jpg

お料理は、チェコ大使館のシェフのレシピにてご準備させていただきました。10日ほど前には、copon norpの片山シェフが大使館を訪れ、直接大使館のシェフからレクチャーもいただいて、腕をふるって下さいました。どれも手の込んだ郷土料理です。
e0276634_1719179.jpg

前菜の盛り合わせ
・レバーとクランベリーのミートパテ
・アスパラガスのフライ
・自家製ヘッドチーズ
e0276634_172059100.jpg

メイン
牛ヒレ肉のクリームソース添え ベーコン入りクネドリーキとともに
e0276634_17221752.jpg

デザート
カッテージチーズとフルーツのクネドリーキ
e0276634_17223210.jpg

お食事の間には、チェコセンター観光部日本代表の沖中繁男さまより、チェコの魅力についてのお話も。素晴らしい観光資源に恵まれたチェコ、ロマンチックな町の佇まいが旅心をそそります。
e0276634_17264345.jpg

チェコ大使館のマッツァさんの笑顔がステキ!大使はもちろん、チェコ女性は美人が多いのですね。
e0276634_17284165.jpg

手勺システムも定着してきました。
e0276634_17291290.jpg

2013年のFine Dine Discoveryにご登場いただく予定の、イスラエル大使館のニールさん。実際にご参加いただいて、とても企画を気に入って下さったようです。「イスラエルにも素晴らしいワインがたくさんありますよ!」
e0276634_17303049.jpg

今回は、ワインのインポーターでもあるP&M社ザーホロスキーさんのご協力を得て、チェコの民芸品をご紹介いただくコーナーも設けました。キュートですね。
e0276634_17234012.jpg

e0276634_17341670.jpg

e0276634_17342912.jpg

e0276634_1734436.jpg

チェコのお料理、ワイン、文化、音楽を楽しみ、そして人と出会い、語らい、笑い合う、楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。みなさま、ご満足いただけたでしょうか?
e0276634_1740057.jpg

今回はお申し込みをたくさんいただき、ウエイティングバースペースにも追加の6席を設けさせていただきました。他のテーブルやプレゼンテーションステージから少し遠く、会場との一体感がなかったのではないかと、申し訳なく思っております。みなさまのお声を聞きながら、また次のイベントに向け、スタッフ一同努力してまいります。ありがとうございました!
e0276634_1742999.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-10-05 16:46 | Fine Dine Discovery

イスラエルのイベント

イスラエル大使館とのステキなご縁があり、原宿のカフェ&レストラン「Lapaz」併設のギャラリースペース「Creme de la creme」で開催されているイスラエル&日本外交関係樹立 60周年記念イベントにお招きいただきました。音楽・デザイン・アート・ファッション・食・美容まで、さまざまな催しが企画されており、期間限定のネットラジオ局も開設されています。スタイリッシュ!展示されているアートは、どれも前衛的というのか、とんがった面白さです。壁には、イスラエルを代表するアーティストPILPELEDの巨大なイラストが。「油彩画のような精緻で写実的なイラストに、幻想的なテーマと皮肉なユーモアを混ぜた作品」。
e0243390_145147.jpg

2013年のFine Dine Discoveryの打ち合わせを兼ね、大使館の方々と、カフェで期間限定でサーブされる料理の監修に来ている、イスラエルの有名レストランのシェフとランチをご一緒させていただきました。シャクシューカは、濃厚なトマトソースと卵とチーズのオーブン焼きのようなお料理。シンプルですが、力強くて美味しい!
e0243390_1413036.jpg

大使館の担当のNirさん、これまでのFine Dine Discoveryイベントも気に入って下さいましたが、もう一ひねりしてユニークな企画にしたいと積極的。日本未入荷のイスラエルのブティックワイナリーのワインも仕入れられそうです。楽しみになってきました!!
[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-09-18 13:53 | Fine Dine Discovery

チェコの茹でパンとチェコワイン

Fine Dine Discovery=チェコ編=に向けて、まだまだ続くチェコワインのテイスティング。今回は我が家での開催となり、せっかくなのでレシピを探して、チェコ料理に挑戦しました。ユーラシア大陸の中の小さな国なので、お料理は近隣諸国と似たりよったりのものが多いようです。そんな中で特徴的なのが、クネドリーキと呼ばれる茹でパン。ジャガイモを混ぜたものと、小麦粉だけで作られるものがあ、ソースのたっぷりかかった料理に添えるのが定番のようです。私が選んだレシピは、強力粉と卵、牛乳、イーストを捏ねて発酵させ、たっぷりのお湯で40分ほど茹でるというもの。焼き目のないパンは、何だか生のまんまみたいですね。
e0243390_14155485.jpg

中はちゃんと膨らんでいて、もっちりした甘めのパンに仕上がっていました。大使館からいただいたレシピ集には、ボイルした牛肉にクリームソースをかけ、ジャムをのせた名物料理がのっていたのですが・・
e0243390_14203953.jpg

オーブンで4時間ボイルするとあるので、断念。チキンときのこ類のクリームソース煮に添えていただきました。クネドリーキそのものはちょっと退屈な味と食感ですが、ソースをたっぷりつけていただくにはちょうどいい感じ。
e0243390_14171364.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-08-30 14:09 | Fine Dine Discovery

チェコワインのテイスティング

Fine Dine Discovery=チェコ編=まであと一ヶ月ほど。インポーターさんのところで試飲させていただいたり、自宅で試飲会を開催したりして、ワインの絞込みを始めています。今宵は表参道のアプローズにチェコワイン5本を持ち込みさせていただき、スタッフ+αの6名でテイスティング会。チェコのワインと言えば、ほとんどがモラヴィア地方のものですが、BOHEMIA SEKTはプラハのほど近く(ボヘミア地方)で造られるスパークリングワインです。
e0243390_156893.jpg

品種は、リースリング&グリューナー・フェルトリーナー。SECなのでやや甘口ですが、爽やかで泡もきめ細かく、なかなかのクオリティではないでしょうか?こちらも十分イベントで使えそうですが、スパークリングに関しては、日本に未入荷のものを直接取り寄せる手配ができそうで、期待しています。
アプローズは、結婚式の二次会や若い方々のパーティによく使われるレストランと聞いていたのですが、お料理のレベルが高くて驚きました。非常にわかりやすくて美味しい。特にメインのポークのローストは柔らかくて、いい味付けでした。サービスも気持ち良く、持ち込み会に使えるいいお店をひとつ発見。
e0243390_15115117.jpg

チェコワイン探しの旅はもうしばらく続きそうですが、旅の話に花咲く楽しい夜でした。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-08-27 14:59 | Fine Dine Discovery

ブラジルワインを飲んでみました

Fine Dine Discovery=チェコ編=の次のテーマを模索中です。ワールドカップ2014とオリンピック2016の開催地となるブラジルなんかも面白そう?これまで中欧~東欧のクラシックな国ばかりできたので、思い切って目先を変えるのもいいかもしれません。ブドウ栽培には適さない高温多湿な国ですが、赤道から離れた涼しい丘陵地では品質の良いワインが造られているようです。まずは試してみなくては、と、数年前にブラジルを旅行したという友人と、ブラジルワインを置いているというCHIBI@新橋に行ってきました。ブラジルワインのありそうなお店を検索すると、たいがいがシュラスコ食べ放題のブラジルレストランなんですね。(昔、表参道のバルバッコアで、食べ過ぎて苦しい思いをした経験があります。)CHIBIは、カウンター8席の小さな小さな炭火焼のお店でした。店長さんがブラジル人と関西人のハーフみたい。
e0243390_13174046.jpg

MIOLOは、ブラジル最大手のワインメーカーだそうです。高級ワインから普及品までラインナップは幅広く、日本に輸入されているブラジルワインもほとんどこのメーカーのもの。友人曰く、このMIOLOは「スーパーで売っているちょっといい方の普及品。現地価格1000円くらい。」ですって。多分最新の技術で、飲みやすく作られているのでしょう。カベルネ・ソーヴィニヨンらしく深みと重みがしっかりあって、なかなか美味なワインでした。ブラジル、悪くない選択肢かもしれません。陽気なお国柄や音楽も楽しそう。
e0243390_13204046.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-08-26 13:06 | Fine Dine Discovery

スロヴェニア打ち上げパーティ

Fine Dine Discovery=スロヴェニア編=で大変お世話になったスロヴェニア領事(であり、ワインのインポーターでもある)ご夫妻が、ご自宅で打ち上げパーティを開催して下さいました。多大なご協力と支援をいただいた上にこのような機会を設けていただいて、恐縮してしまいます。「愛するスロヴェニアを魅力的にご紹介下さってありがとう」とまで言っていただき、私など感激して涙が出そうになってしまいました。成城学園のすばらしいご邸宅、1000本クラスのセラーから引き抜いてきた美味しいワインと奥様のセンスの良いお料理、切り立てのスロヴェニアやスペインの生ハムたち。。。いったいどれだけいただいたことでしょうか!

e0243390_16222883.jpge0243390_16222087.jpge0243390_16234025.jpg


e0243390_16235738.jpge0243390_1624674.jpge0243390_16245669.jpg


e0243390_1623736.jpge0243390_16231830.jpg


e0243390_1624313.jpge0243390_16244215.jpge0243390_1636487.jpg


e0243390_16251092.jpge0243390_16252186.jpge0243390_16224023.jpg


おおいに飲み、食べ、おしゃべりし、笑い、楽しい夜が更けてゆきました。ご夫妻とは、遠からずスロヴェニアにご一緒させていただけるかも?Fine Dine Discoveryを通じて、多くの素晴らしい出会いや学びがあることに心から感謝しています。参加して下さっているみなさまにとっても同様に、何か人生を豊かにしてくれる出会いがあればうれしいな、と思います。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-08-20 16:19 | Fine Dine Discovery

チェコのお料理打ち合わせ@大使館

2週間ほど前に日本に着任されたというシェフと、広尾のチェコ大使館にて、次回Fine Dine Discovery=チェコ編=のお料理の打ち合わせをしてまいりました。少しはにかみやさん(?)で笑顔のキュートなシェフは、ひとたびチェコ郷土料理のお話になると、真剣そのものです。本場の味を完璧に再現させたいと、当日はcopon norpの厨房に入りたいとまで、お申し出いただきました。実現するかどうかは未定ですが、その熱意をもってご指導いただき、参加者のみなさまに本格的なチェコ料理を味わっていただけることは間違いありません!
e0276634_1765153.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-08-20 07:52 | Fine Dine Discovery

チェコの可愛いおもちゃとワイン

次のFine Dine Discovery=チェコ編=でお世話になるチェコワインのインポーターさんは、チェコの玩具やガラス製品、陶器なども取り扱っています。木製の玩具はどれも温かみがあり、特に吊り下げのロープ人形はどことなくユーモラスで可愛いんです。
e0243390_16175953.jpg

欲しい!でも、我が家のインテリアには全く合わなそうですねえ。。。甥っ子もすっかり男の子になっちゃって、お人形は喜びそうにないですしねえ。。。

e0243390_16233715.jpge0243390_16235066.jpg


ワインのサンプルもたくさん購入しました。チェコ人のインポーターさんの熱いお話を聞いていると、目の前にモラヴィアのぶどう畑や小さなワイナリーが見えてくるような気がしました。来週テイスティングしてみましょう。
e0243390_162546100.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2012-08-17 16:11 | Fine Dine Discovery