カテゴリ:@レストラン( 218 )

新年迫力三田牛

感動いたしました。美味なる三田牛@ウェスタ。このような状態で運ばれてくるお肉は初体験!

e0243390_22343023.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2018-01-28 22:33 | @レストラン

驚きの美味しさ二皿

シグネチャーのエッグキャビアが吹っ飛ぶ美味しさでした。伝統的かつ斬新なのかしら?

柔らかくクセのない真鯛のお刺身に、バターミルクとレモンバームソース。
なんと絶妙な味わいのカルパッチョ!真似したいけど真似できない、という確信あり。

e0243390_22101844.jpg

オマール海老は、個性の強いヴァンジョーヌのソースと絡み合い、豊かで力強く美味しすぎる!

e0243390_22133879.jpg

ミシュラン3つ星のニューヨーク本店と、同じレシピ、同じサービスだということです。
2階のテーブル席より1階のカウンター席の雰囲気が、洗練されていて素敵。
Jean George@六本木にて。


[PR]
by tanoshimu-wine | 2017-07-15 22:15 | @レストラン

同じ画家の作品?

ねえねえ私可愛いでしょ?っていうお料理たち。同じテイストで盛り付けられていますね。
気分が華やぎます。ラ・クープドール@白金高輪にて。

e0243390_21580397.jpg
e0243390_21581013.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2017-07-15 21:58 | @レストラン

エスキスの夜

グルメな友人が「2016年最高のレストラン」と評価した銀座"エスキス"へ。こだわりの野菜を多用した料理は美しく繊細で、ペアリングのワインも素晴らしく、心地良い時間が流れていました。

e0243390_20162763.jpg

私のリクエストは2点。このお店に行ったからには、若林シェフソムリエとお話ししたかった!だって憧れのソムリエさんなんですもの。私達のテーブルと反対側のコーナーにずっといらっしゃった。それからやっぱり、レセプションの所に小さなテーブルが欲しいな。コートを着るとき、バッグを置く場所がなくて困ってしまいました。なんて言うものの、とっても素敵な夜を過ごしました。ありがとうございました。

[PR]
by tanoshimu-wine | 2017-03-12 20:21 | @レストラン

東京の飲茶

とってもお上品な點心達でした。夜の方が素敵かもしれないけれど、少しもやった東京を眺めながらのランチタイムも悪くない。でも、シュウマイに鮑は乗っけなくてもいいかもしれません。"SENSE@マンダリンオリエンタル東京"。香港旅行の予習です。


e0243390_20012966.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2017-03-12 20:02 | @レストラン

6年ぶりの「大人のお店」

オープンして間もない2010年~2011年頃は足繫く通っていた”ICARO Miyamoto”@中目黒に、6年ぶりにお邪魔してみました。シェフとサービスのご兄弟健在!全然お変わりありません。お料理も健在!か、パワーアップしているかも。ここの郷土料理らしい北イタリア料理、やっぱり好きだな~、ってしみじみ思った夜でした。

e0243390_16561215.jpg

”鰻のマリネ・マントヴァ風"は、初めていただきました。このロールケーキ状で、爽やかなマリネ。鰻はふっくらしっとりで、本当に美味しい!

Casanova di Neri Brunello di Montalcino 1990

e0243390_17100129.jpg


そうそう、ボトルでお願いしたワインは、ラベルを下さるんだった。このサービスあるお店、もうなかなかないよね。なんだかほのぼのして、うれしい気持ちになりました。熟成感のしっかりでたブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、ピッツォケッリや牛のステーキとよく合い、するするといただいてしまいました。

友人が予約の電話をした際に、「うちは大人のお店ですから」と言われ、「え?子供はダメなんですか?」と訳のわからない返しをしてしまったらしいのですが、要はソフトドリンクではなくワインを飲んで下さい、ということだったようです。ミシュランの星を取ったり、いろいろなメディアに取り上げられると、お酒を飲まなくても食事だけを楽しみたいというお客さんが増えてしまうようですね。カンテサンスでもナリサワでも、ソフトドリンクでディナーをしている方々をお見かけしました。このお料理にお酒がないなんて、私には考えられないんだけど。
「また年内に来て下さいねっ」と宮本兄に言われるまでもなく、必ずまた伺います。美味しかった~♪

[PR]
by tanoshimu-wine | 2017-02-25 17:08 | @レストラン

6つのワインと料理

この1枚しか写真を撮らなかったのが残念なんですが、ものすごくスタイリッシュで素敵なお店です。ニューヨークのSOHO辺りにありそうな”Cork”@青山。カウンターのみ。ワインとのマリアージュの2つのコースのみ。「料理にワインを合わせる」のではなく、「ワインに料理を合わせる」というコンセプトらしいですが、お任せなので、どちらでも変わらないかもね。

e0243390_19190204.jpg

長いコの字型のカウンターは、女性同士か男女1+1のカップル客のみでした。こういうのをお洒落アドレスって言うのかな?シャンパーニュから始まり、デザートと合わせるマルサラまで、結構面白いワインが出ます。お料理はモダンフレンチかな?ややパンチに欠ける感はありますが、ちょっとした驚きもあって美味しい。予約が取れなくて未だ行かれていないLasの姉妹店で、厨房は共通です。6種類のワイン+6種類のお料理という充実した内容で10,800円ポッキリとは、是非またお伺いしたいと思います!




[PR]
by tanoshimu-wine | 2017-02-19 19:26 | @レストラン

また作りたいイタリア料理がひとつ

イタリアワインと料理のアッビナメントのクラス第4回。もちろんイタリアワインをより深く勉強するために通っているんですが、ここで出る素朴な地方料理が本当に美味しくてツボにはまります。

e0243390_15394077.jpg

ピッツォケッリ(そば粉のパスタ)、ジャガイモ、キャベツを一緒にゆで上げたものに、たっぷりのチーズ(この時はアジアーゴだそう)をからませたロンバルディア料理。シンプルなのに、なんでこんなに美味しいのかしら。
イタリア20州をめぐる会の2周目のロンバルディア、必ずこちらを作らせていただきます!



[PR]
by tanoshimu-wine | 2017-02-05 15:42 | @レストラン

この年になって・・・

河豚ってなんて美味しいの!と感動した夜@築地やまもと。両親は大好きで毎冬2回、わざわざ河豚を食べに泊りがけで出かけるようですが、私はなかなか機会がない。最後にいただいたのは、4年前に両親に連れられて行った淡路島のホテルの河豚尽くしコースだったかも。やまもとの菊づくりはまさに芸術品。限りなく薄く、端が品よく反り、お皿の上に美しい菊の花を咲かせていました。でんぷ、西京風白味噌椀、中おちのウイスキー漬け、昆布たきの白子など、ちょっと珍しいメニューもコースに散りばめられていて、一つの素材を余すところなく楽しめる素晴らしいお店でした!

e0243390_21312480.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2017-01-22 21:31 | @レストラン

銀座で贅沢な新年会

年明け早々(お店は初日)のFARO資生堂。開店当時は超モダンだったはずのインテリアは、少々古臭さを放ちつつありますが、お料理の美味しさはさすがです。

e0243390_08445333.jpg
オンリストされているワインは約400。フランスとイタリアを中心に、バックヴィンテージも多くて、眺めているだけで楽しい。ソムリエさんはフレンドリーかつこの400のワインを熟知していて、話が弾みました。なかなか他のレストランでは見つけられなさそうなもの・・・ということで。

Serra Della Contessa Etna Rosso

e0243390_08491872.jpg

果実味、酸、タンニンが柔らかく溶け合って、ボリューム感はあるもののエレガント。エトナロッソの印象を覆す1本でした。



[PR]
by tanoshimu-wine | 2017-01-20 08:52 | @レストラン