鰻とピノノワール

にしむらの鰻とワインの会。肝焼き、白焼き、かば焼きのフルラインナップに、持ち寄ったワインを合わせていただきます。かば焼きは温めて、炊き立てご飯にのせてうな重風。これがまたワインとマリアージュしちゃうからスゴイ。

e0243390_1335718.jpg


私の中では「鰻にはジンファンデル」という信念にも近いものがあったのですが、今回はピノノワール共和国の住人が2本赤を持参してくれたため、ブルゴーニュとカリフォルニアのピノノワールを合わせることになりました。ブルゴーニュのピノは白焼きにはなかなかですが、かば焼きになると少し線が細い。そしてこのカリフォルニアのピノは、ジンファンデルに負けないほどのマッチングでビックリ!!

CRU Pinot Noir Santa Lucia Highlands 2012

e0243390_1391581.jpg


単に濃くて甘いだけのカリピノではなく、しっかりとしたストラクチャーと複雑味があります。翌日、翌々日にさらに開いて、旨みたっぷりのピノになっていました。明るく、あたたかな気分にさせてくれるワイン。そう、ジンファンデル的なピノだったのね~。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2016-02-07 13:12 | @自宅