人気ブログランキング |

オリジナルメニューで

古めのヴィンテージのワインをじっくり飲みましょう、という小さなワイン会。最近レストランで印象に残ったもの、好きな素材を組み合わせて作ってみたいものなど、自分でレシピを考えてディナーを構成してみました。初めて作るものばかりだから、友人達は実験台ですね。

黒トリュフとポルチーニのスープ、ブルスケッタ添え
e0243390_10585383.jpg

マッシュルーム、白シメジ、タマネギ、ジャガイモ、黒トリュフ、ドライポルチーニとくれば、美味しくない訳ないスープ。ワインとスープは合わないとされますが、これくらいコクがあればシャンパーニュとも好相性でした。(アスパラ長すぎっ)

ヤリイカと春菊のジェノベーゼソース
e0243390_10591030.jpg

先日のEmuNで美味しかったイカと春菊のタルタルを真似てみたのだけど、ちょっと違うなあ。。まず、もっと新鮮なイカでないとダメなのかも。春菊のジェノベーゼソースも少し味が濃すぎた気がします。要研究。

豚バラの黒酢煮込み、ホウレンソウとタマネギをベッドに温泉卵を添えて
e0243390_10592821.jpg

テレビのお料理番組で見たレシピを思い出して。普通のお酢で煮込んで、仕上げに黒酢でコクを出すんですね。甘辛酢っぱさを、温泉卵でまろやかにしながらいただきます。うまっ♪

カチョエペペ~8種類のチーズのパケッリ~
e0243390_10594154.jpg

カチョ=cheese、エ=and、ぺぺ=pepperです。南イタリアの「チーズと胡椒だけ=貧乏人のパスタ」と呼ばれるお料理です。通常はパルミジャーノ・レッジャーノだけですが、ただ今チーズ勉強中の我が家には8種類ものチーズが少しずつあり、全部入れちゃいました。どんなチーズもうまく味がまとまるものなのですね。

ラム肩ロースのパイ包み焼
e0243390_10595863.jpg

ローズマリーで風味づけしたラムに焼き色をつけ、ディジョンマスタードを塗ってパイ包みに。
e0243390_1101213.jpg

中はしっとり柔らかです。バルサミコソースを少しかけて。羊好きの友人達だったので、最近気に入っているパイ包み焼にしてはどうかと、試してみました。上手にできました!

チョコレートケーキ、レモンジャム入りリコッタチーズ添え
e0243390_1103727.jpg

ヴァレンタインに焼いた、ナッツやドライフルーツの入ったチョコレートケーキを冷凍してありました。リコッタチーズは牛乳とヨーグルトで簡単に作れます。いただきもののニュージーランドのレモンジャムを混ぜれば、ちょっといかしたデザートになります。

Ayala Brut Majeur NV
e0243390_1905364.jpg

ワインを飲み始めた頃、シャンパーニュって美味しいなあ、と目覚めさせてくれたAYALA。個性的というのではないけれど、シャンパーニュとしての要素が綺麗にまとまっていて、エレガントだと思います。

Bodegas Faustino I Gran Reserva 1996
e0243390_1911257.jpg

スペイン王室御用達だそうです。古いスペインワインなんて滅多にいただかないので、ワクワクしながら開けたところ・・・最初は還元香のようなものを感じ、味わいにもすえた雰囲気が出ていてがっかり。ところが、少し空気と馴染むと様々な香りが立ち上り、深みのある味わいに変わってきました。面白い。この日ではなく、2日後に残りを飲んだら、さらに美味しくなっていて驚きでした。テンプラニーリョ85%、グラシアノ10%、マスエロ5%。

La Jota Cabernet Sauvignon Howell Mountain 1990
e0243390_1953980.jpg

ある評論家が「サンジュリアンの格付けシャトーを思わせる品格とバランスの良さ。20年以上たってここまで楽しめるボルドーはなかなかない。」としていた、ハウエルマウンテンのカベルネ。しっかりとしたボディが複雑味を増し、素晴らしい熟成です。
by tanoshimu-wine | 2014-02-19 11:34 | @自宅