ワインバーで肉食す

複数の友人のお勧め、六本木の"祥端"へ。お肉と自然派ワインの有名店で、最近では予約困難だとかで、18:30の開店一番の時間を予約して出かけました。19:00にはそれなりに席数のある店内、満席でした。「肉もワインもほとんど選択権がない」と食べログなどに書かれていましたが、その通りです。ちょっと素敵なミュージシャン風のスタッフのお勧めを、そのままいただくことになりました。何だか流れに乗せられてしまう、不思議な雰囲気のお店なのです。で、ちょっと後悔。友人にも私にも、同じランプのステーキが出てきてしまいました。それもすごいボリューム。違うステーキを半分コしたかったよ。。。

e0243390_12125476.jpg

外はしっかり焦がしてありますが、中はジューシー。肉の旨みがしっかりしています。付け合わせのフライドポテトがまた美味しい。でも、これはちょっと食べすぎですね。ワインもお勧めをグラスで4杯づついただき、何だかお店のペースのままに、ディナー終了。次回は、たくさんでワイワイと、お肉の盛り合わせプレートを食べながら、ボトルワインをゆっくり開ける会で伺いたいな、と思いました。
[PR]
by tanoshimu-wine | 2013-10-17 12:05 | @レストラン | Comments(0)

「たのしむ・ワイン」クラスと美味しいものや旅にまつわるお話


by tanoshimu-wine
プロフィールを見る
画像一覧