風は吹いているか

宮崎駿の映画は(自宅でのDVD鑑賞も含めて)ほとんど観てきたけれど、この監督の才能も枯渇してきたのかなあ、はたまた自分の想い入れが観客への想いを超えるワガママな年代になってしまったのかなあ、というのが正直なところ。「風立ちぬ」を観てきました。映画評で「R40に指定してはどうだろう」と書かれていましたが、ユーミンの「ひこうき雲」も含めてそれもわかる気がします。美しい飛行機を作りたいという純粋な夢を持つ堀越二郎が、時代の中でゼロ戦機を開発していくさまはもの哀しい。3D映像、実写のような映像、アニメーションそのものの映像の組み合わせ、アニメらしいおおげさな動きと驚くほどリアルな動きの組み合わせがシームレスで、映像そのものはとても楽しめました。そして何度も繰り返される「風は吹いているか?(生きよ!)」という言葉には、何か感じるものがあり・・・私の人生に風は吹いているのでしょうか?
e0243390_7565383.jpg

[PR]
by tanoshimu-wine | 2013-08-14 08:00 | @レストラン | Comments(0)

「たのしむ・ワイン」クラスと美味しいものや旅にまつわるお話


by tanoshimu-wine
プロフィールを見る
画像一覧