昨冬の旬と今冬の旬

いろーんなお料理を作ってみたい人なのですが、その時々のブームがあります。友人を招いてのディナー、去年の冬にはまって繰り返し作ったお料理、詰め物をしたカブのクリーム煮と・・・

e0243390_20344102.jpg

この冬、いろんなチャンスにみなさんに食べていただいている牛肉の赤ワイン煮のパイ包み仕立てを・・・

e0243390_20361316.jpg

コースの中に両方織り込んでみました。いいバランスじゃない??
締めは、先日栃木のアンテナショップで買った「かける餃子」なるものに、じっくり炒めた豚バラとネギを合わせた丼でした。ヤバいヤバい。

e0243390_20390225.jpg

[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-03-12 20:39 | @自宅 | Comments(0)

エスキスの夜

グルメな友人が「2016年最高のレストラン」と評価した銀座"エスキス"へ。こだわりの野菜を多用した料理は美しく繊細で、ペアリングのワインも素晴らしく、心地良い時間が流れていました。

e0243390_20162763.jpg

私のリクエストは2点。このお店に行ったからには、若林シェフソムリエとお話ししたかった!だって憧れのソムリエさんなんですもの。私達のテーブルと反対側のコーナーにずっといらっしゃった。それからやっぱり、レセプションの所に小さなテーブルが欲しいな。コートを着るとき、バッグを置く場所がなくて困ってしまいました。なんて言うものの、とっても素敵な夜を過ごしました。ありがとうございました。

[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-03-12 20:21 | @レストラン | Comments(0)

東京の飲茶

とってもお上品な點心達でした。夜の方が素敵かもしれないけれど、少しもやった東京を眺めながらのランチタイムも悪くない。でも、シュウマイに鮑は乗っけなくてもいいかもしれません。"SENSE@マンダリンオリエンタル東京"。香港旅行の予習です。


e0243390_20012966.jpg

[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-03-12 20:02 | @レストラン | Comments(0)
SOHO Wine Co Sauvignon Blanc 2015

産地 : ニュージーランド(マールボロ)
品種 : ソーヴィニヨン・ブラン
アルコール度 : 13.0%
輸入元参考価格 : 2,376円

e0243390_12383506.jpg

② Hangtime Chardonnay 2013

産地 : カリフォルニア
品種 : シャルドネ
アルコール度 : 13.5%
輸入元参考価格 : 3,240円

e0243390_12384933.jpg

③ Emilie Geantet Coteaux Bourguignons Rouge 2013

産地 : フランス(ボルドー)
品種 : ピノ・ノワール
アルコール度 : 13.5%
輸入元参考価格 : 3,888円

e0243390_12393156.jpg

④ SONO 2011 Cabernet Sauvignon

産地 : カリフォルニア(ナパヴァレー)
品種 : カベルネ・ソーヴィニヨン
アルコール度 : 14.5%
輸入元参考価格 : 6,000円

e0243390_12394378.jpg

合わせたお料理は・・・

レモンとハーブオイル漬けマグロとアボカドのサラダ

e0243390_12400060.jpg


② ピッツォケッリ(ロンバルディアのそば粉のパスタ)

e0243390_12402793.jpg


[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-03-04 12:40 | 今月のレッスン | Comments(0)

2月のワイン覚書

今月もさまざまなワインに巡り合いました。

Billecart-Salmon Brut Sous Bois

e0243390_15460182.jpg

「Sous Boir=森の下生え」と習いました。一体どんな味わい??とワクワクお願いしたのですが、なんてことないフツーのシャンパーニュ。強いて言えば少し樽のニュアンスがはっきりしてるかな?(なーんて、生意気です。)


Lanson Noble Cuvee 2000

e0243390_15491155.jpg

2000ヴィンテージだけあって、こちらはぐっと味わい深いシャンパーニュ。秋の垂れ下がる稲穂のような黄金色が美しく、飲んだ後に飲める(?)シャンパーニュでした。


Rochioli Russian River Valley Zinfandel 1999

e0243390_20175960.jpg

Pinot Noirで名高いロキオリだけど、私はバックヴィンテージのZinfandelが大好き。ジューシーでリキュール的で、鄙びていない熟成。お料理にも寄り添うし、デザートとも合うし、これだけでじっくり飲んでも美味しいのよね。


Chateaux Pape Clemant 1976

e0243390_20223707.jpg

熟成したボルドーの良さが凝縮されてます。ヴェルヴェッテイなタンニンと柔らかな酸味が豊富にあり、渇いてきた果実にうっとり。複雑なスパイスも感じられます。いいねー。


Cnateaux Palmer1981



e0243390_20262509.jpg

Pape Clemantと飲み比べしてみました。グラーヴとマルゴーというクリマの差なのか、こちらの方がずっとクリアでエレガントな雰囲気。嫌味のないピュアなワイン。好みはこちらかな?


Clos de Tart 2010

e0243390_20293685.jpg


余韻の複雑な長さが印象的。2010年は難しいヴィンテージで生産量が少なく、最終的には良い出来で価格が上がったとのことですが、50000円かあ。。。モノポールだし?


Duck Horn Napa Valley Cabernet Sauvignon 1988

e0243390_20330224.jpg

グラスに注いだとたんに溢れ出る、ボリュームのある香りが素晴らしい。シルキーなタンニンと心地良いタンニン、太陽の記憶を持つ果実味がとても良かった。2時間ほどで果実感が急速に失われていったけれども、タンニンと酸が不思議と絶妙なバランスを保ち、最後まで楽しめました。


Krug Grand Cuvee

e0243390_21153052.jpg

ブルゴーニュグラスにふさわしいシャンパーニュだと思う。Krugは、NVでは私の中の王様です。有無を言わせぬ威厳があります。そのくせ、どんなお料理も受け止める懐の広さがいいのです。I love Krug!!











[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-02-26 15:51 | ワインワインワイン | Comments(0)
今月も引き続き、テイスティングの見直しがテーマ。「口に含んで飲み下す」部分に集中して、学びました。

Grosjean Freres Petite Arvine Vigne D.O.C. Valle d'Aosta 2014

産地 : イタリア(ヴァッレ・ダオスタ)
品種 : プチ・アルヴィン
アルコール度 : 13.5%
輸入元参考価格 : 4,104円

e0243390_22014873.jpg


Losen -Bockstanz Riesling Auslese Mosel 2007

産地 : ドイツ(モーゼル)
品種 : リースリング
アルコール度 : 11%
輸入元参考価格 : 2,376円


e0243390_22025546.jpg

Powell & son Eden Valley Riesling 2015

産地 : オーストラリア(イーデン・ヴァレー)
品種 : リースリング
アルコール度 : 13.5%
輸入元参考価格 : 4,860円

e0243390_22041344.jpg

Marble Leaf Pinot Noir 2012

産地 : ニュージーランド(マールボロー)
品種 : ピノノワール
アルコール度 : 13.5%
輸入元参考価格 : 2,700円

e0243390_22024647.jpg

AureliuS 2011

産地 : フランス(ボルドー)
品種 : メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン
アルコール度 : 13.0%
輸入元参考価格 : 5,616円

e0243390_22045793.jpg

⑥Powell & son Barossa Valley Shiraz 2015

産地 : オーストラリア(バロッサ・ヴァレー)
品種 : シラーズ
アルコール度 : 14.0%
輸入元参考価格 : 4,860円

e0243390_22051245.jpg

合わせたお料理は・・・

①レモンとハーブ風味のマグロのカルパッチョサラダ

e0243390_22052775.jpg


②牛スジ・合い挽き・蒸しチキンのラグーソースのパスタ

e0243390_22054502.jpg


[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-02-25 22:09 | 今月のレッスン | Comments(0)
オープンして間もない2010年~2011年頃は足繫く通っていた”ICARO Miyamoto”@中目黒に、6年ぶりにお邪魔してみました。シェフとサービスのご兄弟健在!全然お変わりありません。お料理も健在!か、パワーアップしているかも。ここの郷土料理らしい北イタリア料理、やっぱり好きだな~、ってしみじみ思った夜でした。

e0243390_16561215.jpg

”鰻のマリネ・マントヴァ風"は、初めていただきました。このロールケーキ状で、爽やかなマリネ。鰻はふっくらしっとりで、本当に美味しい!

Casanova di Neri Brunello di Montalcino 1990

e0243390_17100129.jpg


そうそう、ボトルでお願いしたワインは、ラベルを下さるんだった。このサービスあるお店、もうなかなかないよね。なんだかほのぼのして、うれしい気持ちになりました。熟成感のしっかりでたブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、ピッツォケッリや牛のステーキとよく合い、するするといただいてしまいました。

友人が予約の電話をした際に、「うちは大人のお店ですから」と言われ、「え?子供はダメなんですか?」と訳のわからない返しをしてしまったらしいのですが、要はソフトドリンクではなくワインを飲んで下さい、ということだったようです。ミシュランの星を取ったり、いろいろなメディアに取り上げられると、お酒を飲まなくても食事だけを楽しみたいというお客さんが増えてしまうようですね。カンテサンスでもナリサワでも、ソフトドリンクでディナーをしている方々をお見かけしました。このお料理にお酒がないなんて、私には考えられないんだけど。
「また年内に来て下さいねっ」と宮本兄に言われるまでもなく、必ずまた伺います。美味しかった~♪

[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-02-25 17:08 | @レストラン | Comments(0)

6つのワインと料理

この1枚しか写真を撮らなかったのが残念なんですが、ものすごくスタイリッシュで素敵なお店です。ニューヨークのSOHO辺りにありそうな”Cork”@青山。カウンターのみ。ワインとのマリアージュの2つのコースのみ。「料理にワインを合わせる」のではなく、「ワインに料理を合わせる」というコンセプトらしいですが、お任せなので、どちらでも変わらないかもね。

e0243390_19190204.jpg

長いコの字型のカウンターは、女性同士か男女1+1のカップル客のみでした。こういうのをお洒落アドレスって言うのかな?シャンパーニュから始まり、デザートと合わせるマルサラまで、結構面白いワインが出ます。お料理はモダンフレンチかな?ややパンチに欠ける感はありますが、ちょっとした驚きもあって美味しい。予約が取れなくて未だ行かれていないLasの姉妹店で、厨房は共通です。6種類のワイン+6種類のお料理という充実した内容で10,800円ポッキリとは、是非またお伺いしたいと思います!




[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-02-19 19:26 | @レストラン | Comments(0)

No Low Carb

私には信じられない、この世の中のLow Carb流行り。炭水化物が大好き。食後の甘いもの、ならぬ、食後の炭水化物(ディナーの後のラーメンとか!)もいつも誘惑です。

e0243390_18591664.jpg

タイ人のおじちゃんとおばちゃんがやってる"パッポンキッチン"@奥渋谷のカオソーイ、最高でした。カオソーイとは、「ココナッツミルクを加えたカレースープに揚げた卵麺を入れ、ナムプリックパオ (น้ำพริกเผา) と呼ばれる唐辛子と干しエビなどのペーストと、酢漬けのキャベツ、エシャロット、ライム汁、肉がトッピングされたもの」という定義らしいですが、タイ料理に共通して言える複雑味が素晴らしい。

e0243390_19022682.jpg

大阪のお好み焼きの名店"きじ"品川店にて。久しぶりのお好み焼きはしみたけど、やっぱり大阪のお店とは全然味が違う。ソースも甘いし生地が重いって感じもあるけど、そもそもお好み焼きの魂が入ってないんちゃう??



[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-02-17 19:04 | おいしいものあれこれ | Comments(0)
まだヴァッレ・ダオスタとモリーゼの2州を残しているものの、「イタリア20州を巡ってたのしむ・ワインの会」は2周目に入りました。今月は、昨年秋に訪問したウンブリアがテーマ。現地調達の日本未入荷ワインを愉しみました。白と赤は、ワイナリーを訪問して、オーナーのご自宅でテイスティングさせていただいたもの。パッシートは、モンテファルコの町のワインショップで購入してきました。思い出と共にいただくと、さらに美味しい♪

Barberani LUIGI e GIOVANNA 2013

e0243390_16224184.jpg

産地 : イタリア(ウンブリア)
品種 : グレケット(+トレッビアーノ??)
アルコール度 : 12.5%
輸入元参考価格 : --

② Barberani POLVENT

e0243390_16230365.jpg

産地 : イタリア(ウンブリア)
品種 : サンジョヴェーゼ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー
アルコール度 : 14.5%
輸入元参考価格 : --

③ Cantina Poggio Turri Sagrantino Di Monterfalco DOCG Passito 2007

e0243390_16233364.jpg

産地 : イタリア(ウンブリア)
品種 : サグランティーノ
アルコール度 : 14.5%
輸入元参考価格 : --

合わせたお料理は・・・

Strangozzi al Tartufo (ストラゴッジ・アル・タルトゥーフォ)
黒トリュフ風味のパスタ、マッシュルームのラグーソース

e0243390_16235794.jpg


Pollo alla Caciatora(ポッロ・アッラ・カチャトーラ)
漁師風鶏肉の煮込み

e0243390_16241619.jpg


③ Panpepato Umbro(パンペパート・ウンブロ)
ウンブリアのパンペパート(チョコレート菓子)

e0243390_16243168.jpg

[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-02-05 16:25 | 今月のレッスン | Comments(0)
自分の英語の実力が知れた夜。オーストラリア英語、なんて難しいんだ!!急なお誘いで友人と参加したPowell&Sonのワインメイカーズディナー@Ruby Jack。向かいに座ったワイナリーオーナーに、最初に「ゆっくり話してね」とお願いしたものの、酔いが回るにつれワイン造りのトークがヒートアップゆくDavidさんでした。。。
かのTorbreckを立ち上げたDavidさんが新しく息子さんと始めたワイナリー、高品質少量生産で、日本ではレストランへの卸販売のみで個人向けの販売はしていないとのことです。ローヌのエレガンスを表現したいというお話をされていましたが、5種類いただいたワインはどれもかなりのパワフルさ!

Powell&Son Barossa Valley GMS 2014

e0243390_15553994.jpg

Eden Valleyのリースリングも良いと思いましたが、この日の一番はGMSでした。ブレンドの妙なのか、力強いだけでなく複雑味があります。口に含んだ瞬間から余韻まで、様々な香りと味わいが次々と広がるのが楽しい。Au Bon Climatのジム・グレナデンさんを連想させる、ちょっぴりプロレスラーチックなDavidさん。ワインもパワフルで明るく、笑って反則いきそうです。





[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-02-05 16:00 | ワインワインワイン | Comments(0)
イタリアワインと料理のアッビナメントのクラス第4回。もちろんイタリアワインをより深く勉強するために通っているんですが、ここで出る素朴な地方料理が本当に美味しくてツボにはまります。

e0243390_15394077.jpg

ピッツォケッリ(そば粉のパスタ)、ジャガイモ、キャベツを一緒にゆで上げたものに、たっぷりのチーズ(この時はアジアーゴだそう)をからませたロンバルディア料理。シンプルなのに、なんでこんなに美味しいのかしら。
イタリア20州をめぐる会の2周目のロンバルディア、必ずこちらを作らせていただきます!



[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-02-05 15:42 | @レストラン | Comments(0)
たまには女性だけのワイン会も良いものですね。なーーんとなく、ですが、集まったワインもエレガント!印象深かったのは、友人が昨年のフランス旅行の際にワイナリーで購入してきたというワイン。プロヴァンスのロゼで現地60ユーロ、なかなかいただくチャンスのないワインかもしれません。デスクランは、もっと下のキュヴェは日本でよく見かけますか、これは入ってないかも??

Chateaux D'esclans LES CLANS

e0243390_20220868.jpg

ボトルの重さ、スタイリッシュさも特筆すべきものですが、味わいの豊かさに驚きました。超リッチ!香しくチャーミングで、テクスチャーのなめらかさが素敵♪

お料理も大好評でした。ちょっと食べ過ぎなコースになっちゃいましたが、メインの2種類の肉料理の盛り合わせは、自分でもなかなかな出来栄え!

e0243390_20262127.jpg
牛スネの赤ワイン煮込みパイ包み焼と、豚バラのトロトロ煮込みプルーン風味です!






[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-01-30 20:27 | @自宅 | Comments(0)
2017年は、初心にかえってテイスティングを見直していこうと思っています。今月は「香りをかぐ」ことを詳しく学びました。

Chateau Sainte Marie Blanc Vieilles Vignes 2014

産地 : フランス(ボルドー)
品種 : ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカデル
アルコール度 : 12.5%
輸入元参考価格 : 2,376円

e0243390_16032337.jpg

② Comaine Frantz Chagnoleau Pouilly-Fuisse Pastral 2014

産地 : フランス(ブルゴーニュ)
品種 : シャルドネ
アルコール度 : 13.5%
輸入元参考価格 : 6,480円

e0243390_16145035.jpg

Produttori del Barbaresco Barbaresco D.O.C.G. 2013
産地 : イタリア(ピエモンテ)
品種 : ネッビオーロ
アルコール度 : 14.0%
輸入元参考価格 :4,960円

e0243390_16150945.jpg

④ Lirac by Roger Sabon 2013
産地 : フランス(ローヌ)
品種 : グルナッシュ、シラー、ムールヴェドル、カリニャン
アルコール度 : 13.5%
輸入元参考価格 : 3,564円

e0243390_16182974.jpg


⑤ Edmeades Mendocino Zinfande 2013
産地 : カリフォルニア(メンドシーノ)
品種 : ジンファンデル
アルコール度 : 15.0%
輸入元参考価格 : 4,104円

e0243390_16204747.jpg


お食事と合わせて・・・

Sassetti Livio Az. Pertimali Valdobbiadene Prosecco Superiore Brut


e0243390_16244875.jpg





合わせたお料理は・・・

① オニオングラタンスープ

e0243390_16255188.jpg

②豚バラとネギのトロトロ煮ワイン風味

e0243390_16263638.jpg


[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-01-26 16:27 | 今月のレッスン | Comments(0)

この年になって・・・

河豚ってなんて美味しいの!と感動した夜@築地やまもと。両親は大好きで毎冬2回、わざわざ河豚を食べに泊りがけで出かけるようですが、私はなかなか機会がない。最後にいただいたのは、4年前に両親に連れられて行った淡路島のホテルの河豚尽くしコースだったかも。やまもとの菊づくりはまさに芸術品。限りなく薄く、端が品よく反り、お皿の上に美しい菊の花を咲かせていました。でんぷ、西京風白味噌椀、中おちのウイスキー漬け、昆布たきの白子など、ちょっと珍しいメニューもコースに散りばめられていて、一つの素材を余すところなく楽しめる素晴らしいお店でした!

e0243390_21312480.jpg

[PR]
# by tanoshimu-wine | 2017-01-22 21:31 | @レストラン | Comments(0)

「たのしむ・ワイン」レッスンと美味しいものや旅にまつわるブログ


by tanoshimu-wine